吉澤嘉代子の発表会 〜子供編〜を東京国際フォーラムで観た!

吉澤嘉代子の発表会 〜子供編〜を東京国際フォーラムで観た!
「発表会」とタイトルにある通り、
吉澤嘉代子という13歳の少女の、恋の物語のなかで楽曲が展開されていく、まるで演劇のようなスペシャルなライブ。

嬉しい気持ちの場面には嬉しい曲、切ない気持ちの場面には切ない曲というように、
「この場面ではこういう気持ちで聴いてほしい」というように物語が導いてくれる。
だから、楽曲にグッと入り込むことができて、聴き入ってしまう。
そうして、歌声・メロディの良さや歌詞の奥深さがいつも以上に強く感じられたり、新たな発見があったりと、楽曲それぞれの魅力に引き込まれていく。
自らの楽曲の可能性を広げる、非常に画期的なライブだったと思う。

明日は「大人編」が上演されるが、
また新たな魅力を生み出していくのだろう。
素晴らしいライブだった。(荒木)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする