BUCK-TICK、櫻井敦司のbridgeお蔵出し!ラスト

BUCK-TICK、櫻井敦司のbridgeお蔵出し!ラスト

お待たせしました。最後は、ピアノの鍵盤に飛び降りた猫がツルツル滑りながら「ねこふんじゃった」状態になっているのを救出している、これまた貴重な図。
2万字インタビューからは、櫻井敦司というアーティストが、その華やかでエキセントリックなパフォーマンスとは裏腹に、とても優しく愛に溢れた人だということが隠しようもなく伝わってくる。ファンは周知のことだろうが、初めて知ったブリッジ読者からは驚きの声も多かった。その本質は、この一枚の写真からもわかるだろう。そうでなければ、あんなに豊かなラブソングをあれほどたくさん歌えるはずがない。

http://ro69.jp/blog/japan/78291
http://ro69.jp/blog/japan/78292
(井上)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする