shepherdが作り出す「パズル」に注目!

shepherdが作り出す「パズル」に注目!

2011年夏のRO69JACK優勝バンドであるshepherdが、先週サードミニアルバム『PuZzle pUzZLe puzzlE』をリリースしました!
現在発売中のJAPAN6月号でメンバー全員インタヴューを掲載しています。

昨年、ベーシストの脱退と加入という大きな転換期を迎えた彼ら。
新生shepherdとして第一歩を踏み出した、その証がこのミニアルバムなのです。

「基本、おちゃらけてるタイプの人間」と自称する新ベーシスト・神尾将義(写真一番右です)がバンドにもたらしたケミストリーは大きなもので、バンドのあり方、音の作り方が今までと比べてよりオープンに、有機的に進化!

結果、このミニアルバムでは各パートが前に出て歌いながら主役である歌を殺さない、絶妙で理想的なアンサンブルを実現した。
まさにバンドとしてパズルのピースがきっちりハマった状態、それが今のshepherdなのです。
実態はぜひ『PuZzle pUzZLe puzzlE』を聴いて確かめてみてください!(小新井)
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする