第5回:トライセラにフミヤが!

第5回:トライセラにフミヤが!

今回は、昨日発表されたセッション:
TRICERATOPSに藤井フミヤがセッションで登場! に、ついてです。

この組み合わせ、共演歴あります。
ニュースのコーナーでも書かれているように
(ここ http://ro69.jp/news/detail/49953 )、
昨年のトライセラのアルバム『WE ARE ONE -CERTIFICATE-』に、
フミヤがゲストで参加。
そして、4月11日、トライセラのライブ・イベントに、フミヤが登場、という。

トライセラといえば、そのプレイヤーとしての腕の確かさゆえに、今回に限らず、
そもそもセッション関係にはひっぱりだこな人たち。たとえば吉田佳史、
去年のこのフェスにも、吉井和哉バンドのドラムとして出演してくれました。
というのがまずあるが、プラス、藤井フミヤの歌って、普段からすごいけど、
こういう他流試合になるとさらに強い。
ということを、私、知っています。
生で観たことがあるのでした。去年の7月17日、フジファブリックの
「フジフジ富士Q」@富士急ハイランドコニファーフォレストで。
フミヤ、6人目のゲストとして登場し、
「タイムマシン」と「若者のすべて」を歌ったんだけど、
もう、歌い始めた瞬間、というか、最初に声を発した瞬間、
あの場の空気がさーっと変わった。
ほんとに、まるで色が変わるみたいに、一瞬にして変わったあの感じ、
忘れられません。
というくらいの表現力というか、吸引力というか、説得力というか、
とにかく、すごいのです。
なんていうんだろう、あれ。その説得力というのが、
「歌詞でこういうことを言っているから説得力がある」とかじゃなくて、
たとえ歌詞がなくても、「♪あ~」って声を出しただけでも、
もうものすごい説得力、みたいな感じなのだ。
思わず「うわあ……」って声を出してしまった、観ていて。

5月5日出演。
期待していてよいと思います。


JAPAN JAM2011公式サイト http://japanjam.jp/2011/

最新ブログ

フォローする