第6回:THE BACK HORNとオオキとウブ!

第6回:THE BACK HORNとオオキとウブ!

今回は、今日(15日金曜日)にセッション内容が発表された、
THE BACK HORNについてです。

ACIDMANオオキノブオと、Nothing's Carved In Stoneの生形真一が、ゲストとして登場。
というのは、「ああ、なるほど」という感じではあります。
仲いいし。去年のJAPAN JAMの吉井和哉のセッションで、
ドラム:THE BACK HORNマツ、ギター:ウブ、同じバンドでプレイしたし。
(その時の模様はこちら http://ro69.jp/quick/japanjam2010/detail/34856

なので、「この顔合わせ」という意味では、「いったいどんなことに
なるんだろう?」みたいな感じではないが、ただし、
「この編成」という意味では、かなりおもしろそうだと思う。

ボーカル:山田将司 オオキノブオ
ギター :菅波栄純 オオキノブオ 生形真一
ベース :岡峰光舟
ドラム  :松田晋二

ツイン・ボーカルでトリプル・ギター。しかもこのメンツ。
どうでしょう。おもしろそうでしょ、どう考えても。

では、どういうパターンが考えられるのか。
オオキ、ギターに徹し、栄純・ウブと共に、終始ギター3本
ギャンギャン弾きまくる。というライブになるのか。
いや、待てよ。頭から最後まで、3人とも
ギター弾いてる、っていうんじゃないかも。
曲によっては「栄純とオオキのふたり」とか「栄純とウブのふたり」
っていうのもあるかも。
さすがに、「オオキとウブのふたり、栄純は不在」というのはないと思うが。
あるいは。常にステージ上にギタリストはひとり、
栄純・オオキ・ウブが、曲ごとに入れ替わりで弾く。
ということも、絶対にありえない、とはいえない。

じゃあボーカルはどうか。
オオキもギター置いちゃって、ハンドマイクで、同じくいつも
ハンドマイクの将司とツインボーカル、なんてことになったらすごい。
というか、観たい、それ。
って、オオキはハンドマイクではちょっと歌いそうにないですが。
というか、歌えと言われても、困ると思いますが。
いや。もしかしたら、「将司とオオキ、一緒には歌わない。
歌うのはどっちかだけ、曲によって変わる」っていうパターンも、
また、絶対にないかどうかはわからない。

あるいは、ステージ上から将司も栄純もいなくなっちゃって、

ボーカル&ギター:オオキ、ギター:ウブ、ベース:光舟、ドラム:マツ

という状態になる。
ということは、さすがにないと思います。
それではTHE BACK HORNではないので。
あったら、これもまた、ものすごくレアですが。

以上、勝手に予想させていただきました。
予想じゃないか。妄想だ。
でも、当のメンバーも、まだ何をやるのか、細部まで決めていないのでは、とも思う。
とにかく、楽しみです。5月5日出演。

最新ブログ

フォローする