第14回:どうなる!? BIGMAMA

第14回:どうなる!? BIGMAMA

次は5月4日出演、BIGMAMAのセッションについてです。

UNISON SQUARE GARDENから斎藤宏介。
the HIATUS/FULLSCRATCHのギタリスト、masasucks。
そして、the telephonesのノブ、以上3名がBIGMAMAに参加する、という。
プラス、ストリングス・セッションもあり。

斎藤宏介と金井政人のツイン・ボーカル!

とか、

masasucks入ってトリプル・ギター!

とか、

もしかして、そこで斎藤宏介も弾いたらギター4本!

とか、

いつものごとくロクにシンセを弾きもせず暴れ回り転げ回り踊り回るノブ!

とか、そういう楽しい、かっこいい、そしてとにかくアガる光景、
わりとすんなり目に浮かびますね、このセッション。
あと、ストリングス・セッションも、昨年の例の「クラシックの名曲たちとの
生マッシュアップアルバム」、「Rockassick」 があったことを考えると、
すんなり納得できるセッションです。

というだけでも充分楽しみなんだけど、ただし。
このバンドの首謀者の……って、なんだ「首謀者」って。
いや、そういう言葉を使って表したくなる、そんな男が
BIGMAMAの金井政人であることは、ファンはみんな知っていると思う。

誠意をこめていい音楽を作って、いいライブをやる、
だけではおもしろくない、と考えている男。
もちろんいい音楽を作るしいいライブをやるけど、
それはあくまで「前提」というか「あたりまえ」であって、
そこにいろんなプラスアルファや、付加価値や、お楽しみや、
サプライズをどんどんのっけていくことに、そしてそれによって
ファンが喜んでくれることに、無常の喜びを見出す男。

彼はそういうミュージシャンだ、と僕は思っている。
なんでそう思っているのかというと、前にこのRO69でインタビュー
させてもらったことがあるからです。
これ。http://ro69.jp/feat/bigmama201012?p=1

なので、今回も、「BIGAMAMAとゲストの足し算」だけではない
……というか、ほんとはそれだけで充分なんだけど、
でも、何か、考えているのでは。と思います。
楽しみです。


あ、あと……あれthe telephonesがインディーズで頭角を現してきた
頃だったっけ、
ずいぶん前に見たことがあるんだけど、ノブくんには、

BIGMAMA真緒さんのマネ

という一発芸があります。
ぜひやってほしい。本人の横で、モニターに片足かけて。
どうでしょう、ノブくん。

くり返しますが、5月4日出演。見届けましょう。


JAPAN JAM 2011 公式サイト http://japanjam.jp/2011/

最新ブログ

フォローする