ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。

ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。

初めから不安材料がたくさんで開催できないと思う、と誰もが思っていたウッドストック50周年。4月29日に出資者の電通(Dentsu Aegis Network's Amplifi Live)が、キャンセルを正式に発表した。しかし、その直後に、プロモーターで、初回から主催者でウッドストックの顔と言えるマイケル・ラングが、「電通にキャンセルを発表する権利はない」「ウッドストック50周年は新しい出資者を見つけて、何がなんでも行う」と反発の表明をしている。
https://www.nytimes.com/2019/04/29/arts/music/woodstock-50th-anniversary-canceled.html

あと100日くらいしかないのに、大丈夫なんだろうか........。

電通が月曜日に発表した声明は以下の通り。
「このアイコニックなブランドと仕事できること、意味のあるムーブメントに関われることは、エージェンシーにとっては夢のようなことです。しかし、莫大な時間と、努力と、貢献にも関わらず、アーティスト、関係者、そして参加者の衛生と安全の確保をした上で、ウッドストックの名に恥じないフェスを実現するのは不可能だと思います」「そのため、慎重に検討した結果、ウッドストック50のパートナーであるDentsu Aegis Network's Amplifi Liveは、フェスのキャンセルを決定しました。この決断は当然困難なものでしたが、すべての関係者にとってこれが最も堅実な決断だと思います」

しかしこの発表を受けて、マイケル・ラングがインタビューに答え「彼らには、フェスをキャンセル権利はない」と発言。

即座に以下の声明文を発表した。
「我々は、アメリカの歴史と文化におけるウッドストックのアイコニックな名と場所に相応しい、ウッドストック50周年を必ず開催する決意です。我々の出資者は撤退しましたが、新たな出資者を見付けて、フェスはもちろん開催する予定です」「ウッドストック50周年が行われるのは間違いありません。行われるべきですし、とんでもなく楽しいフェスになります」。

フェスはこれまでも資金面で問題が発生し、ラインナップの発表が遅れたのも、フェスに不安材料が多いため、出演者に全額が支払われないと決定できなかったためだ。結局、ほぼ全出演者にギャラが支払われているそうで、電通は、2000万ドルから3000万ドル(約36億円)支払ったとされている。

アーティストは、現時点ではキャンセルという通知は受け取っていないそうだ。

ウッドストック50は、4月22日にチケットを発売する予定だったが、そのためには、衛生、水源の確保についての書類を提出し、ニューヨーク州に許可をもらう必要があった。その許可がまだ降りていないため、チケットも発売できないでいる。いつ発売できるのか不明のまま。

また、当初10万人の収容を見込んでいたが、それも7万5千人に減らされている。

この会場は、ニューヨークからだと車でしか行けない上に、オリジナルのウッドストックの会場からさらに3時間くらい遠く計5時間くらいかかる不便な場所。また、開催期間は雨が多く降ることから、Live NationやAEGという大手のプローモーターが手を挙げなかったのだ。実際去年はフィッシュが同じ会場でライブを企画していたのだが、直前に洪水が起きて、安全な水が確保されなかったため中止にした。

マイケル・ラングは、99年のフェスについて、「あれは巨大なパーティみたいなもので、社会的な重要性に欠けていた。今回は、ルーツに戻り、もともとの意図を復活させたい」と語っている。

興味深いというか、皮肉な事にオリジナルのウッドストックのサイトでもフェスと同じ日に、別の50周年記念ライブが予定されていて、サンタナ、ドゥービー・ブラザーズ、リンゴ・スターなどが出演することになっている。それも3日間のフェスの予定だったのが、3日間のコンサートをするという内容に縮小されている。

フェスのインフラに不安があるのに、強引にフェスを開催しようとしているのを見ると、最近アメリカであったFyre Festivalの顛末を思い出してしまう。NetflixやHuluでその内幕が明かされている。

私は99年のウッドストックに行ってBUZZにレポートを書いたけど、BUZZが見つからなかったので、写真を何枚か。20万人も一同に会したところを後にも先にも観たことがないのでとにかく巨大だったという思い出。さらに、私はラッキーでいきなり家を貸してくれる人が見付かったのでカメラマンと滞在できたけど、キャンプだったらサバイバルできていた自信がない。会場で火が出たのは見たけど、あまりに巨大な場所だったので、小さな火が出てしまった、くらいにしか受けとめていなかった。気付かなかった人も大勢いたと思う。レイプがあったというのは本当に最悪だけど、行かなかった人達に、レイプはあるし、火事はあるしで最悪のフェスだったとまとめられると、そうじゃなかった90%は、そういう事件によって簡単に帳消しになって記録されるんだなあと痛感したことをいまだに覚えている。

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

    pic by Akemi Nakamura

  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura
  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura
  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura
  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura
  • ウッドストック50周年、出資者の電通がキャンセルを発表。主催者は電通にキャンセルを決める権利はない、何がなんでも絶対やると発表。泥沼化。 - pic by Akemi Nakamura

フェスはどんなに周到に準備しても始まってみると何かしらの問題が生じるものだ。このフェスは、場所の不便さ、気候、設備、衛生面に関して、始めから無理があるし、94年のウッドストックに行った人の話を聞くと、大雨だし、予定されていたバスは全然来ないしで、ありえないくらい大変だったそう。つまり、これまでしっかりと運営されたという実績もないのだ。だから今回も開催されたら最悪なことになると思う。そもそも、宿泊施設がほとんどない場所なので、それで7万人以上がキャンプしたら....と思うとゾッとする。個人的にはキャンセルして欲しい。

開催されれば、キラーズ、JAY-Z、マイリー・サイラス、サンタナ、ザ・ラカンターズ、ロバート・プラントチャンス・ザ・ラッパーなどが出演する。8月16−18日。NY州Watkins Glenにて。
https://www.woodstock.com/
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする