レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、ビリー・アイリッシュ、ポール・マッカートニーなどあまりにも超豪華な顔ぶれ。世界的チャリティイベントが日曜開催、日本からもがっつり観れます!!!!!!!

レディー・ガガ、テイラー・スウィフト、ビリー・アイリッシュ、ポール・マッカートニーなどあまりにも超豪華な顔ぶれ。世界的チャリティイベントが日曜開催、日本からもがっつり観れます!!!!!!!

Global CitizenとWHO(世界保健機関)とレディー・ガガがコラボレーションして、新型コロナウイルスと闘う医療従事者の支援を目的として行なわれる世界的チャリティ・イベント『One World: Together At Home』が、4月19日に行なわれるが、これは日本からも観ることができる。

サイトは以下の通り。
https://www.hulu.jp/

アクセスの仕方など詳しくはこちら。
https://news.hulu.jp/gc/

イベント自体は日本時間の4月19日(日)午前3時に開始。豪華ゲストが出演するメインのイベントは、午前9時くらい開始の予定だ。

レディ・ガガがキューレートして集めたと言われる超豪華な出演者は、アリシア・キーズビリー・アイリッシュテイラー・スウィフト、クリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、クリス・マーティン、エディ・ヴェダーエルトン・ジョン、リゾ、ポール・マッカートニー、スティービー・ワンダーなど書ききれないくらい。

以下午前9時から行なわれるイベントに出演予定のアーティスト。
アリシア・キーズ、エイミー・ポーラー、アンドレア・ボッチェリ、オークワフィナ、ビリー・アイリッシュ、ビリー・ジョー・アームストロング、バーナ・ボーイ、カミラ・カベロセリーヌ・ディオン、クリス・マーティン、デビッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカム夫妻、エディ・ヴェダー、エレン・デジェネレス、エルトン・ジョン、フィネアス、イドリス・エルバとサブリナ・エルバ夫妻、J・バルヴィン、ジェニファー・ロペスジョン・レジェンド、ケイシー・マスグレイヴス、キース・アーバン、ケリー・ワシントン、ラン・ラン、リゾ、LL・クール・J、ルピタ・ニョンゴ、マルマ、マシュー・マコノヒー、オプラ・ウィンフリー、ポール・マッカートニー、ファレル・ウィリアムス、プリヤンカ・チョープラー・ジョナス、サム・スミス、シャー・ルク・カーン、ショーン・メンデス、スティービー・ワンダー、テイラー・スウィフト、アッシャーなど。

また午前3時から始まるイベントに出演する予定のアーティストは以下の通り。
アダム・ランバート、アンドラ・デイ、アンジェル、アニッタ、アニー・レノックス、ベッキー・G、ベン・プラット、ビリー・レイ・サイラス、Black Coffee、ブリジット・モイナハン、バーナ・ボーイ、キャスパー・ニョベスト、チャーリー・プース、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、コモン、コニー・ブリットン、ダナイ・グリラ、デルタ・グッドレム、ドン・チードル、イーソン・チャン、エリー・ゴールディング、エリン・リチャーズ、フィネアス、ハイディ・クルム、ホージア、フセイン・アル・ジャスミ、ジャック・ブラック、ジャッキー・チュン、ジャック・ジョンソン、ジャミーラ・ジャミル、ジェームズ・マカヴォイ、ジェイソン・シーゲル、ジェニファー・ハドソン、ジェス・グリン、ジェシー・J、ジェシー・レイエズ、ジョン・レジェンド、フアネス、ケシャ、レディ・アンテベラム、ラン・ラン、レスリー・オドム・ジュニア、ルイス・ハミルトン、リアム・ペイン、リリ・ラインハート、リリー・シン、リンゼイ・ボン、リサ・ミシュラ、ローラ・レノックス、ルイス・フォンシ、マレン・モリス、マット・ボマー、ミーガン・ラピノー、マイケル・ブーブレ、ミルキー・チャンス、大坂なおみ、ナティ・ナターシャ、ナイル・ホーラン、ノムザモ・ムバタ、P.K.スバン、Picture This、リタ・オラ、サミュエル・L・ジャクソン、サラ・ジェシカ・パーカー、セバスチャン・ヤトラ、シェリル・クロウ、ショー・マジョジ、ソフィー・タッカー、SuperM、ザ・キラーズ、ティム・ガン、ヴィシャル・ミシュラ、ズッケロなど。

さらにこのチャリティ・イベントは、Amazon Prime Video、Apple、Facebook、Instagram、YouTube、Twitter、Twitchでも同時に無料配信される。通常Global Citizenのイベントは繰り返し配信されるので、このイベントもアーカイブされるのではないかと予想する。

このイベントはすでに各所で始まっていて、WHOによるコロナ対策のために約30億円は集まっているとのこと。ただ、ガガが言っていたのだけど、この番組の中ではチャリティの呼びかけはしないという。番組を見る人達はすでに疲れているだろうし、自分達の未来にも不安だろう、なので音楽を聴いて番組を楽しんでもらえたら嬉しいと。

アメリカではすでに『ライブ・エイド』とその規模を比べているような媒体もあった。
https://twitter.com/GlblCtzn
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする