back numberのさいたまスーパーアリーナ公演を観た

back numberのさいたまスーパーアリーナ公演を観た
もうむせ返るほど、恋愛のさまざまなシーンや心情や物語に向き合わされるライブだ。
こんなライブ、他にない。しかもさいたまスーパーアリーナのサイズで。
普通じゃない。
今更言うまでもないことかもしれないけど。

しかも練りに練った、磨きに磨いた楽曲ばかりだから、恋愛の物語や感情が心に入ってくるその濃さと密度が半端ない。
だから女の子は聴いてて泣いてしまうんだけど、僕のようなおっさんは泣けないだけにだんだん体が変質してくる。
誰かのことを思ってばかりいる恋愛体質に変わってくる。
そして10代や20代の時はそれが日常だったことを生々しく思い出した。

あくまでも「バンドのライブ」として客観的に観に来た僕のような50代のおっさんすら恋愛の当事者感覚に引きずり込んでしまう、清水依与吏の曲の力はものすごい。

このベスト・アルバムのツアーはこれまでのback numberの集大成と言ってもいいだろう。
これを終えて、次にどこへ向かうのか、何を歌うのかが非常に楽しみ。



照明、映像、ステージのセットのデザインが非常に美しいライブだった。
いいチームで作られているのがわかる。

最新ブログ

フォローする