Reolのプロデューサーとしての発想とセンスを解き明かすような、「音」がテーマのインタビューしました

Reolのプロデューサーとしての発想とセンスを解き明かすような、「音」がテーマのインタビューしました
短いインタビューながら、Reolの「音」に関する思想とロジックとセンスが解き明かされるような内容になった。
現在発売中のロッキング・オン・ジャパン最新号、「Sounds Good!!」のページを見てみてください!

山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする