【ミューズ新作大予想!】ついに来た! 待望のニューAL、その名も『シミュレーション・セオリー』。その世界観とは?

【ミューズ新作大予想!】ついに来た! 待望のニューAL、その名も『シミュレーション・セオリー』。その世界観とは?

日本時間8月30日23時頃に解禁された情報によると、『シミュレーション・セオリー』のリリース日は11月9日。その告知と同時に新曲“The Dark Side”のミュージック・ビデオも解禁となった。


アルバムのアートワーク、トラックリストも公開され、ミューズのオフィシャル・ショップでは各種フォーマットのプレオーダーもスタートしている。


昨年5月の“Dig Down”から断続的にリリースされ続けてきたミューズの新曲を逐次フォローしていた方なら、この『シミュレーション・セオリー』のアートワークを確認してもうお分かりだろう。“Dig Down”、“Thought Contagion”、“Something Human”、そして“The Dark Side”はニュー・アルバムのコンセプトを体現する連作であり、シンセを随所でフィーチャーしたエレクトロ・ポップも、トラップやベース・ミュージックに対する彼らの言及とその導入も、全ては『シミュレーション・セオリー』の近未来(というかレトロ・フューチャー)のビジュアル・イメージに直結するものだ。


真っ赤なスーパーカー、狼男に変身するマシュー、意味深なカセットテープと言ったモチーフが繰り返し登場する一連のミュージック・ビデオには、『ブレード・ランナー』のサイバー・パンクや、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、はたまたマイケル・ジャクソンの“スリラー”といった80年代のSF映画やMTVカルチャーへのオマージュがふんだんに盛り込まれている。


ちなみに『シミュレーション・セオリー』のアートワークを手がけたのは、『ストレンジャー・シングス』や『SUPER 8/スーパーエイト』のビジュアル制作で知られるLA在住のアーティスト、カイル・ランバート。確かに本作のMVもアートワークも見れば見るほど『ストレンジャー・シングス』を随所で彷彿させる。70年代後半生まれのミューズの3人にとって、『ストレンジャー・シングス』で描かれた世界は、彼らの少年時代のノスタルジーに直結したものだとも言える。実際、マシューはこのドラマの大ファンだという。


ミューズは近年、極めてコンセプチュアルなアルバムを作り続けて来たバンドだが、今回の『シミュレーション・セオリー』のコンセプトは、前作『ドローンズ』までのがっつり観念的に構築されたそれとはかなり意味合いが異なっている。簡単に言ってしまえば、本作のコンセプトは非常に明瞭でなおかつポップなのだ。それは上記のように4曲の新曲(全てアルバムに収録される)のミュージック・ビデオにも明らかだし、4曲がそれぞれにコンセプトから独立した単発曲としても猛烈にポップでキャッチーであることも理由として大きい。


昨年の来日時に行ったインタビューで、クリスは新作の方向性について次のように語っていた。「Spotifyみたいなものが出てきて、特に若い人たちはもうあまりアルバムを買わなくなっていて、個々の曲に重きが置かれるようになったと思うんだ。だから、個別に曲を出してって最終的には1枚のアルバムにまとめるっていうやり方もあるんじゃないかな。散発的にシングルを出していって、曲が十分に揃った段階でアルバムとしてまとめるというね」

そしてこのクリスの発言を裏付けるように『シミュレーション・セオリー』は完成した。同作は恐らく『ドローンズ』と比較してもエレクトロニック・サウンドを多分にフィーチャーしたアルバムになるだろうが、同時にラウド・ギターがうねる“Thought Contagion”のように、シンセを合いの手として華麗なドラマツルギーで展開していく“The Dark Side”のように、ミューズのミューズらしさが全開になった「個々の曲」の強度によって象られていくアルバムになるだろう。

ちなみに本作のアートワークに記された「三难困境」なる謎の中国語は、「不可能の三角形」=国際金融のトリレンマを意味する単語だという。この辺の理屈っぽさは『ドローンズ』から踏襲されたものでもあるし、デラックス盤のボートラとして「Alternate Reality Version(もう一つの現実バージョン)」と題された別ミックスが収録されたりと、なんだかんだで本作も嬉々としてパラレルな世界を構築していくミューズの真骨頂作になりそうな予感も。その全貌が明らかになるまであと2カ月と少し、妄想力を逞しくして待つべし! (粉川しの)



『シミュレーション・セオリー』の詳細は以下の記事より。

ミューズ、新作『シミュレーション・セオリー』を11/9に全世界同時リリース決定! 新曲“The Dark Side"のMVも公開
ミューズが、ニュー・アルバム『シミュレーション・セオリー』を11月9日(金)に全世界同時リリースすることを発表した。 通算8枚目のスタジオ・アルバムとなる今作には、全11曲が収録され、リッチ・コスティ、マイク・エリゾンド、シェルバック、ティンバランドなどのプロデューサー陣とミューズが…
ミューズ、新作『シミュレーション・セオリー』を11/9に全世界同時リリース決定! 新曲“The Dark Side"のMVも公開
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする