英国風極上ひねくれポップ

モノクローム・セット『ヴォリューム、コントラスト、ブリリアンス・・・VOL.2 / アンリリースト・アンド・レア』
発売中
ALBUM
モノクローム・セット ヴォリューム、コントラスト、ブリリアンス・・・VOL.2 / アンリリースト・アンド・レア
80年代英国ニュー・ウェイヴ出身としてひときわ洒脱な個性で知られたモノクローム・セット。のちにネオ・アコースティックやギター・ポップの元祖としてカテゴライズされるようになって、それも間違いではないけど、それだけではなく、そこに押し込めてしまってははみ出すものが多すぎるのがこのバンド。インド人の血をひく飄々としたヴォーカル、ポスト・パンクの時代らしい奇妙なエキゾティシズムと故意に均衡を崩したようなねじれたポップ感覚などがないまぜになり、今もって一筋縄ではいかない魅力を放つ。

これは83年に出たレア・トラック集の33年ぶり2作目。まさかVOL.2が出るとは思ってなかった。古くは78年から91年までのデモ、別テイク、未発表曲等。多くは80年代後半の楽曲で、初期ほどのアクの強さは薄れ、通常のギター・ポップに近い音になっているが、それでもモリッシーやフランツ・フェルディナンド、グレアム・コクソン等を魅了した個性は十分にうかがえる。気に入った方は、次はヴァージン時代の2枚のアルバムをおすすめします。個性が第一のインディ・ポップの理想型をこの機会にぜひ。(小野島大)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする