恋愛依存症の皮を被った何か

HOWL BE QUIET『Mr.HOLIC』

発売中

HOWL BE QUIET Mr.HOLIC
インディーズ期にリリースした『DECEMBER』以来、約3年半ぶりのフルアルバム。「束縛とか独占欲とか、そういうのを見せないクールな男性でありたかったのですが、無理でした」と竹縄航太(Vo・G・Piano)もコメントしている通り、基本的にどの曲も女々しい。しかし、振り切った歌詞が必要だったのは「わかるわ~」的な共感や「いや、それはないでしょ」的な苦笑を呼び起こし、すべての曲を感情でデフォルメするため。それによって、“My name is...(ALBUM Ver.)”で突然登場するラップも、“PERFECT LOSER”のようなダンスミュージックも、冒険作というべき“矛盾のおれ様”のような曲調も、まるっと受け入れられてしまうのだ。

このやり方が最大の効力を発揮したのは、フルアルバムのボリュームや3年半の月日があったからこそ。「『アイドルになりたい』宣言=音楽に対する貪欲さを突き詰めるための表明」ということを証明する絶好の機会を、彼らはずっと狙っていたのでは。してやられた!と唸らせられるポイント多数の、まさに確信犯的1作。(蜂須賀ちなみ)

最新ブログ

フォローする