アンドロイドが夢見た復活

ゲイリー・ニューマン『サヴェージ(ソングス・フロム・ア・ブロークン・ワールド)(デラックス)』
発売中
ゲイリー・ニューマン サヴェージ(ソングス・フロム・ア・ブロークン・ワールド)(デラックス)
エレクトロ・ポップ界の大スターとして名を知られながら、90年代以降は過去の人として扱われてきた感もあるゲイリー・ニューマン。しかし、トレント・レズナーをはじめとするオルタナティヴ勢からの再評価も後押しとなり、インダストリアル色を取り入れるなど自らのサウンドの更新に奮闘を続けてきた努力がようやく実を結んだようだ。本作と対を成すかのように「ソングス・フロム・ア・ブロークン・マインド」という副題がついた前作の全英20位に続き、今作は2位を獲得。全米では何故か「ダンス/エレクトロニック」チャートから外されてしまったが、もしエントリーしていたら同週の1位だったカルヴィン・ハリスを凌ぐ売り上げだったという。

エキゾチックなムードも湛えた叙情性とインダストリアルな力強さを巧みに組み合わせたエレクトロニック・サウンドは、彼が長年培ってきたものだが、好調な状況も反映してか、いつも以上に勢いが伝わってきて引き込まれる。日本ではNINやマリリン・マンソンとレーベルメイトになったので、一緒に来てウィークエンドにイベントなんかしたら、猛烈に盛り上がるぞ。(鈴木喜之)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする