ブリーダーズの新たな“クラシック”

ザ・ブリーダーズ『オール・ナーヴ』
発売中
ザ・ブリーダーズ オール・ナーヴ
ピクシーズのキム・ディール率いるブリーダーズ。じつに10年ぶりのニュー・アルバムになる。メンバーは、通称“クラシック・ラインナップ”と呼ばれる2nd『ラスト・スプラッシュ』制作時の編成。5年前に同作の20周年記念ツアーを行い手応えを掴んだことが今回のきっかけになっていて、その勢いのまま今作の曲作りは行われたのだという。録音を担当したのは、過去にもかれらの作品を手がけてきた盟友スティーヴ・アルビニ

ちなみに、キムの姉のケリーには、1stの『ポッド』と『ラスト・スプラッシュ』が混ざったような作品を作りたいというアイデアがあったそう。リード曲の“Wait in the Car”が後者のポップな魅力を伝える曲だとするなら、バウハウスに想を得たという“MetaGoth”は前者のノイジーでヘヴィなグランジ色を堪能できるナンバーか。ドリーミーな“Dawn: Making an Effort”もよい。コートニー・バーネットがバッキングVoで1曲参加。(天井潤之介)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする