自我を解体し、自由を手にする勇気

King Gnu『傘』
発売中
DIGITAL
King Gnu 傘
2019年初頭のアルバム『Sympa』がもはや遠い過去に思えてしまうほど、King Gnuは現象を伴った濃密な時間の中を駆け抜けているわけだが、リリースにおいても地に足のついた、むしろ加速度的なペースで良質な作品を発表し続けている。“白日” “飛行艇”に続いて目下の秋季ツアー直前にデジタルリリースされた“傘”。ブルボン「アルフォート」のCM曲として、事前に公開されたスペシャルムービーでも話題となっていたナンバーだ。坂口健太郎の主演によるドラマ仕立てムービーにおいて、“傘”はさながらショートフィルムのテーマ曲のような役割を担っている。ファンキーに、しかし湿った憂いを帯びた曲調の中、これまではコントラストを描き出すことの多かった井口と常田の歌声が並走している。軽快に弾んでいるようで心は泣いている、そんなマインドをクッキリと浮かび上がらせるための楽曲デザインだ。“白日”の繊細な詩情、“飛行艇”のかつてなく豪快なグルーヴのダイナミズムときて、型にはまりがちな自我を突き崩し、自由な表現を獲得するタフな知性が機能している点が素晴らしい。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする