リョクシャカ、もっと評価されていい

緑黄色社会『sabotage』
発売中
SINGLE
緑黄色社会 sabotage
緑黄色社会を聴く度に思うのは、長屋晴子のボーカルのすごさがもっと広まってほしい! ということ。ただ上手いという感じではなく、歌がたちまちドラマになるような繊細さと、油断してたら恐ろしいくらい心情にリアリティを添えるダイナミズム。新曲“sabotage”でも、ドラマ『G線上のあなたと私』の主題歌として、ポップでカラフルなリョクシャカサウンドが爆発しているが、よくある前向きなメッセージソングとしてサラリと聴き逃すことのできない強さと切実さを生んでいるのが、声の表現力だ。《なんだか今なら/愛されるより愛したいとさえ思う》なんてフレーズに、決死の覚悟のようなものを感じさせる。こうやって常にいちばん届く形で真摯に楽曲と向き合うのが彼女のポリシーなんだろう。主演の波瑠にも似ていると言われる愛らしいルックス以上に、タフな心意気を感じさせる歌いっぷり、今こそ広まれ。2曲目の“Alright!!”はユニクロのキャンペーンソングなだけあって、オシャレな世界観。全員が曲を手がけるポップ集団的イメージが強いので、長屋晴子のボーカルのすごさが……(話は冒頭に戻る)。(上野三樹)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする