今春には約4年ぶりとなるアルバムが

flumpool『素晴らしき嘘』
発売中
SINGLE
flumpool 素晴らしき嘘
昨年5月の活動再開後初のシングル『HELP』以来のリリースは、ドラマ『知らなくていいコト』の書き下ろし主題歌“素晴らしき嘘”。真実はもちろん大事ではあるが、多くの人と共存する社会においては、時には真実が人を追い詰め、嘘が人を救うこともあるということが歌われている。クールでエレクトリックなサウンドデザインに山村隆太の憂いのある声が乗り、抑制の効いたストリングスが入って一気にサビで盛り上がる展開は、とても包容力がある。《素顔も仮面も 二人にとっては真実》《この世界を敵に回してもいい 誰も奪えない》。そう確信的に歌う、切実だがとても力強い曲だ。

2曲目には、先んじて“素晴らしき嘘”とともに2日連続で配信されたもう1曲の新曲“ネバーマインド”が収録。小柄な体格にハンデを感じながらバスケにのめりこむ高校生が主人公のテレビアニメ『あひるの空』のオープニング曲。いかにして自分に打ち勝つか、その一点を様々な角度から書き、壁を越えようとする筆致が熱い。多くの苦難と喜びを経たflumpoolの新しい季節は、生々しく力強い。(小松香里)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする