音楽で語る人

Enon Kawatani『STAY HOME』
発売中
DIGITAL
Enon Kawatani STAY HOME
様々なバンド/プロジェクトを並行して走らせている川谷絵音が、珍しくソロ名義でリリースした曲。各楽器の旋律を緻密に組み合わせたプログレ的なポップスを作るのも得意な人だが、この曲は、シンプルなつくりをしたベッドルームミュージック。ボーカルも低音域でコンパクトにまとめられている。タイトルから想像できるようにコロナ禍を受けて制作された曲で、特に人と人との関わりについて歌われている。外出を控えようという意味での「家に居よう」ではなく、自分も狂ってしまうくらいなら、外からの声を遮断してそこから離れたっていい、という意味での「内に居よう」。音をL‐Rに振ることで演出される静かな混乱のパートを経て、ハウスミュージックに入ったあと、《感覚は違うけど/きっと分かり合えるはずの休息》と閉じる。一人になれるが、独りにはさせない。「人」を諦めない気持ちを滲ませつつ、音楽のそういった作用に言及・体現した曲だ。

配信を活用してフットワーク軽く曲を発表している人なので、この名義での第2弾以降があるのかは謎だが、注目しておきたいと思う。(蜂須賀ちなみ)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする