【JAPAN最新号】KEYTALK、夏を鮮やかに彩る最新シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』でみせた新しさを語る!

【JAPAN最新号】KEYTALK、夏を鮮やかに彩る最新シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』でみせた新しさを語る!
【JAPAN最新号】KEYTALK、夏を鮮やかに彩る最新シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』でみせた新しさを語る!

(新曲は)ほんとに純粋にかっこいい曲だなと思って。バンドが入った時の高揚感とか、なんかアガる、純粋なダンスナンバーっていうか。KEYTALKとして、新しい感じが聴こえますね。こういうミディアムテンポなダンスナンバーも、僕らの一面になってくれる曲だと思います(八木優樹/Dr・Cho)

デモが40曲ぐらいあったんですけど。この曲を聴いた時に、かなりビビビッときたっていう。ユニバーサルに移籍してやっていく、ここからいいスタートを切れそうな1曲だなっていう予感が、すでにデモの時点で見え隠れしてて(小野武正/G・Cho)

テレビとかラジオで流れてて、『あ、この曲かっこいいな。誰だろう。え、KEYTALKなんだ?』って思ってもらえたら個人的にはすごく嬉しい。今までの活動あってのKEYTALKっていう感じよりは、曲先行で知ってもらえたら嬉しいなって感じの曲かもしれないですね(首藤義勝/Vo・B)

移籍っていうタイミングがほんとにデカかったと思います。周りのスタッフとの新しい出会いもあって、新しい意見をもらったりして。そのなかで、どうせだったら俺らも新しいことやらないとつまらないんじゃないかなっていう考えがどっかに芽生えてたのかもしれないですね(寺中友将/Vo・G)

【JAPAN最新号】KEYTALK、夏を鮮やかに彩る最新シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』でみせた新しさを語る! - 『ROCKIN'ON JAPAN』6月号『ROCKIN'ON JAPAN』6月号

●平手友梨奈(欅坂46
平手友梨奈の17年。
生い立ち、記憶、欅坂46との出会いと自らの物語、そして孤独ーーその目に映してきたもの、そのすべてを今、語る

あいみょん
春の超ロングインタビュー。 新たなる愛の名曲“ハルノヒ”で伝えたかったもの

UVERworld
TAKUYA∞、12月20日の4万5000人・東京ドーム「男祭り」を語る

クリープハイプ
傑作アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』が導いた、最愛の瞬間を観た

ASIAN KUNG-FU GENERATION
王道を引き受け、そしてさらに攻める! ポエトリーリーディングに挑戦したニューシングルの意図は何か?

●KEYTALK
4人はなぜこの夏、シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』に出会えたのか? 来た道を語る

go!go!vanillas
再び4人でステージに立つための誓い、進み続ける決意ーー
最高傑作『THE WORLD』、奇跡の13曲に込めた思いとともに語った

Official髭男dism
快進撃の真っ只中でキメの名曲“Pretender”を放つ!
メジャーデビューから1年、現在地そしてこれからのビジョンを4人に訊いた

King Gnu
●YON FES 2019
●NO NUKES 2019
MUCC
家入レオ
感覚ピエロ
雨のパレード
PENGUIN RESEARCH
G-FREAK FACTORY
BRADIO
teto
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする