め組/代官山UNIT

め組/代官山UNIT - All photo by 上山陽介All photo by 上山陽介

●セットリスト
1. 1+1=
2. マイ・パルプフィクション
3. キキ
4. ぼくらの匙加減
5. ホワイトタイガー
6. お化けだぞっておどかして
7. 帰り道のデザート
8. ことはなく
9. 放課後色
10. 夢オチリズム
11. 独りな武士
12. あたしのジゴワット
13. ジュゴンの背中に乗って
14. 僕あたしあなた君
15. 悪魔の証明
16. 500マイルメートル
17. ござる

(アンコール)
EN1. 余所見
EN2. R.W.Y

(ダブルアンコール)
DEN1. HEARTFUL


少なくとも音が鳴っている間は、バラバラに動いている世界がひとつに繋ぎ止められている。ポップミュージックの、信じ難いほどの力を味わう一夜になった。め組がセカンドアルバム『僕だってちゃんとしたかった人達へ』を携えて繰り広げてきた初の東名阪ワンマンツアー、そのファイナルとなる代官山UNIT。オーディエンスが詰めかけたフロアに、ラッツ&スター“め組のひと”が鳴り響くと、菅原達也(Vo・G)は新作のアートワークに用いられていた熊の着ぐるみの頭部を被った姿で「代官山のみんなーっ! 今日、俺たちと一緒に人生だめにできますかーっ!?」と沸かせる。
め組/代官山UNIT
め組/代官山UNIT
いつもどおり楽しく始まるライブかと思いきや、新作同様に出嶋早紀(Key)の強い情緒を帯びたピアノイントロが奏でられ、“1+1=”が歌い出される。恋の不安に身体ごと浮き沈みするこの曲で、バンドのアレンジがダイナミックに展開していった。間奏に迸る富山京樹(G)のギタープレイも、歌詞にしたためられた思いと同じように激しく渦巻いている。続く“マイ・パルプフィクション”ではフロア一面にハンドウェーブを巻き起こし、カントリー風のサウンドが小気味よく弾ける“キキ”をプレイしたところで、早くも大きな喝采が上がってしまっていた。
め組/代官山UNIT
め組/代官山UNIT
菅原は、その光景に喜びを溢れ出させながら「俺たちにとっては一度しかないツアーファイナルなわけです。一音一音丁寧に、みんなの記憶に刻みつけるライブをやりたいと思います!」と約束し、歌でグイグイと牽引する“ぼくらの匙加減”から“ホワイトタイガー”と、ダンサブルな楽曲群を続けざまに放つ。下山拓也(B)のうねるようなベースラインが映え、大熊諒(Dr)とのボトムは一層パンチの効いたものになった。ユーモラスなようで切実な“お化けだぞっておどかして”では、下山が歌詞の記されたボードを掲げ、がっつりとオーディエンスの歌声を攫ってゆく。
め組/代官山UNIT
め組/代官山UNIT
ここで、「もうちょっとちゃんとして欲しかった」と恋人に別れを切り出された経験について語る菅原は、ビートルサイケ風の幻想的なサウンドスケープを通じてふたりの時間を振り返る“帰り道のデザート”をハンドマイクで切々と歌い、或いはセミアコを奏でながらの“ことはなく”で人肌の温度・湿度を音楽に込める。卓越したプレイヤー揃いのめ組というバンドは、それぞれの奔放なプレイで楽曲から異様な楽しさを引き出すことが出来るのだけれど、これらの新作曲ではしっかりと歌に寄り添って離れないアレンジを響かせている。珠玉のバラード“放課後色”にしても、これまでとは違う形で表現スキルの高さを見せつける時間になった。
め組/代官山UNIT
しかし、大熊が菅原作のデモを跡形もなく破壊するほどのEDMアレンジを施したと語る“夢オチリズム”では、湿り気を帯びたエモーションごとアップリフティングに展開してオーディエンスを一斉ジャンプさせ、続く“独りな武士”で、菅原は花びらの紙吹雪を振りまく。また、出嶋がレコーディング時の苦労エピソードを語って届けられた彼女の初のリードボーカル曲“あたしのジゴワット”では、マイクを握って前線に躍り出ながら、キュートなフックを放っていった。つまり、曲者ぞろいのバンドのケミストリーも、歌に寄り添う結束力も、すべてがパワーアップしているのが今のめ組なのである。
め組/代官山UNIT
下山の言い間違えエピソードを語ってひとしきり弄り倒す菅原は、当初このふたりで始まったというかつてのバンド=さよなら、また今度ね(下山はこのバンド名を付けた直後に脱退したそうだ)について「俺はさよ今、大好きだし、曲は子供みたいなもんだし、過去のものにはしないんで、一曲だけ、さよ今の曲やってもいいですか?」と告げて“僕あたしあなた君”へと向かう。め組の華やかなバンドアレンジで生まれ変わり、さよ今時代からのファンと思しきオーディエンスも歓喜の声を上げていた。
め組/代官山UNIT
“悪魔の証明”にはメンバーの熱いソロリレーが差し込まれ、「俺たちの大事な始まりの曲をみんなに預けるから、歌ってくれますか?」と届けられるのは“500マイルメートル”である。この笑顔が咲き乱れる、暴力的なまでの楽しさと中毒性は、め組ならではの特別な光景だ。本編最後の一曲は“ござる”。《突っ立ってるだけで口先だけ達者な僕は/素敵な歌を唄いたいだけでござる》。上辺は照れ隠しのようにふざけながら、め組のポップソングはいつでも感情と記憶の奥底に触れてくる。
め組/代官山UNIT
さらにアンコールで2曲を披露したあと、ダブルアンコールの催促にステージへと飛び込んできた菅原は、バンドの大切な理解者であるファンに感謝の思いを伝えながら「俺らは、ちゃんと不安になっているんですよ。CDが売れるかとか、バンドを続けられるのかとか、恐怖を抱いているぶん、全力で喜べる自信があります。みんなと一緒に、大きくなりたいなって思ってます。俺、ちゃんとしてないですけど、全力で音楽をやっていくんで、よろしくお願いします」と告げ、最後に“HEARTFUL”を披露した。歌とサウンドが、バンドとオーディエンスが、記憶と未来が確かに繋がって離れない、素晴らしいライブ体験であった。(小池宏和)

終演後ブログ
【速報】め組、ツアーファイナルで見せたポップミュージックの美しい光景
セカンドアルバム『僕だってちゃんとしたかった人達へ』を携えた初の東名阪ワンマンツアー、その千秋楽となる代官山UNIT。2時間超の、史上最高と言えるめ組ワールドがそこには広がっていた。 ポップミュージックの歴史の中で、誰にも言い表せていなかった感情の色彩と温度と湿度を捉え、極上のポップサウ…
【速報】め組、ツアーファイナルで見せたポップミュージックの美しい光景
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする