Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO - All photo by Yusuke SatouAll photo by Yusuke Satou
12月6日にリリースされたメジャーデビューアルバム『回転する』の発売を記念して、翌日7日に渋谷CLUB QUATTROにてIvy to Fraudulent Gameのワンマンライブが行われた。
シューゲイズした電子音のインストゥルメンタルを出囃子にメンバーが姿を現すやいなや、怒涛のような、しかし柔らかく優しい轟音で会場全体を包み込んでゆく。福島由也(Dr)による心音のように穏やかかつ緻密な盤石のドラム、楽しげに躍動し歌うカワイリョウタロウ(B)のベース、大島知起(G)によるギターのアルペジオの美しさ。3つの音に導かれるように、寺口宣明(G・Vo)の安定感あるボーカルも熱度と美しさを増してゆく。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
今にも掻き消えてしまいそうな儚さを湛えた高音に、それに相反するような深みを孕んだ艶やかな低音。福島が抱える剥き身の痛みから生まれる楽曲達にまるで憑依されたかのように、寺口は切なく狂おしい楽曲の世界を表現してゆく。ライブ序盤で披露された“Dear Fate,”などのアッパーな楽曲ではギターを掻き鳴らしながら舞台前方に飛び出したり、ハンドマイクでオーディエンスを煽ったりと、荒々しくも指の先まで洗練されたエモーショナルなパフォーマンスが印象的だった。寺口のフロントマンとしてのアジテーターっぷりを改めて見せつけられ、身震いがする。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
会場全体がIvy to Fraudulent Gameの世界に程よく染まりかけた頃、寺口はMCでやっとメジャーデビューに当たっての自らの心情に触れた。
「変わり映えは求めないでくれ」といった旨を口にした彼は、続けて「規模が大きくなるだけだ」とも言う。バンドにとっての大きな転機のひとつであるメジャーデビュー。多くのバンドがそれを期に良くも悪くも「変わってしまう」ことがある。彼もそれを意識してか、この日のMCでは変わる、変わらないといったことをよく口にしていた。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
寺口自身にも葛藤があるのだろう。そして、それは他のメンバーも例外ではない。メジャーとインディーの差が狭まってきた昨今の音楽シーンであっても、バンドの楽曲をより多くの人に聴いてもらうための最短の近道はやはりメジャーシーンでの活躍だ。しかし、どんなに考え葛藤しながらメンバー全員で必死に導き出した答えであっても不安が残るのは当たり前だろう。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
「変わりたくないところもたくさんあるけど、俺達はもっとカッコよくなりたいし、俺達の音楽でもっと色んな人に会いたい」

メンバー全員の不安と葛藤を背負うように、寺口は力強くこう言った。自らにも言い聞かせるように「後悔させない」と何度も何度も繰り返す彼の言葉は狂おしいほどに切実で、どこか狂気じみたものすら感じられた。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
ライブ中盤、“革命”の穏やかで優しさに満ちた音に乗るオーディエンスを見渡した寺口が漏らした、「こんな楽しそうなお前ら見たことない!」という言葉と弾けるような笑顔が印象的だった。

納得の選曲だったアンコールではオーディエンスによる大合唱が巻き起こり、舞台の上が夜明けの海のような明るく深い青に染まる。その幸せな光景は彼らの新たな門出を祝う開放感に満ち溢れ、輝いていた。

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
メジャーという新たなステージに立ったIvy to Fraudulent Game。これからの彼らがどう変わっていってしまうかは誰にもわからないが、4人が今後どんなに変わったとしてもそれは媚びでも環境への順応でもなく、純粋な「進化」なのだろうと思わせてくれる素晴らしいライブだった。夜明けの大海原へ泳ぎ出した彼らを祝うに相応しい、最高の後夜祭だ。(イガラシ文章)

Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO
Ivy to Fraudulent Game/渋谷CLUB QUATTRO

最新ブログ

フォローする