【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演

【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray OtabePhoto by Ray Otabe

18歳の日本人女性・オロノ(Vo/Sampler)がフロントウーマンを務める8人組バンドであるスーパーオーガニズムが本格的に活動を始めたのは、およそ1年前。ニューカマーもニューカマーである彼らだが、この日の公演はソールドアウト。関係者を含めて400人以上が渋谷WWWに詰め掛けた。日本のオーディエンスの注目も集まって当然だろう。なにせ、彼らのこの1年の動きは目覚ましいものだった。

昨年1月にひっそりとネットにアップロードした“Something For Your M.I.N.D.”がストリーミングサービスを中心に耳ざといリスナーの間で評判を呼び、ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグやフランク・オーシャンが自身のSNSやネットラジオで紹介。瞬く間にアークティック・モンキーズらが所属するドミノ・レコーズとの契約が決定。

当初は「デーモン・アルバーンの新たなプロジェクトではないか?」とその存在すら疑われていた彼らだが、その後、イギリスの老舗音楽番組「Later… with Jools Holland」をはじめとした各種メディアに姿を現し、知名度は全世界的なものに。今年に入りBBCの「Sound Of 2018」にも選出され、いよいよ満を持して3月2日にアルバム発売……と、まさにはたから見ればシンデレラ・ストーリーそのもの。オロノ自身が「Surrealistic(超現実的)」と各種のインタビューで語っているように、口汚く言えば「ハイプ」と取られても仕方ないほど、あまりにも順風満帆なステップを踏んできたのだ。

そんなスーパーオーガニズムの初来日公演である。アルバム発売前にもかかわらず、恐ろしく前評判の高い彼らの実力を、いかほどのものか確かめてやろうという観客も少なからずいたのではないだろうか。

会場に充満する過剰な期待を裏切るかのように(あるいは真正面からそれに応えるように)、修験者のごとくハンドベルを鳴らしながら姿を現した7人(ちなみに8人目のメンバーである映像担当のロバートはロンドンでお留守番中とのこと)。ステージに設置された複数のスクリーンに投射されるヴェイパーウェイヴ的な映像に包まれながら、ミステリアスな雰囲気で佇む彼らを前に若干困惑気味のオーディエンス。そんな観客たちを尻目にスーパーオーガニズムは、ユーモアと意外性、そしてポジティビティに満ちた楽曲でポップの真髄を爆発させる。

【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray OtabePhoto by Ray Otabe

10月にロンドン・ヴィレッジアンダーグラウンドで彼らの初めてのワンマンライブを観た際には、ポピュラーミュージックの歴史をなぞりながら、それをバラバラにして再構築しなおすような楽曲の強烈な吸引力に惹きつけられたのだが、今回はセットリスト全体を通してスーパーオーガニズムというバンドのコンセプトを説明しつつ、その枠組みの中でいかに自由度を持ってパフォーマンスできるかチャレンジをする彼らの成長と可能性を見せつけられたライブだった。

スーパーオーガニズム=超個体というバンド名に込められたテーゼを表す、「We will be everything」という思わずニヤリとしてしまうクールな一文がスクリーンから消えると、“It’s All Good”が始まる。アメリカの自己啓発セミナーの大家、アンソニー・ロビンズのスピーチでの挨拶がサンプリングされたこの楽曲は〈Wake up, Orono〉という冒頭のロボ声のナレーションも相まって、血管に直接強心剤を注入されるような、人工的な覚醒感を齎す。

「日本語でお客さんを煽ったことなんてないから、変な感じだった」と、終演後、オロノは不満そうな顔をしていたものの、曲の終わりに彼女が放った「いらっしゃいませ〜!」というシャウトがアイスブレイクとなり、張り詰めていた会場の空気が一気に柔らかくなる。

【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray OtabePhoto by Ray Otabe

間髪入れずに、スクリーンにはレインコート姿で森を歩く顔のない女性の映像が投影される。ダルそうなティーン・エイジャーが友達と話しているような感じで〈Nobody Cares(誰も気にしない)〉というフックを繰り返す、“Nobody Cares”はサンプリングにくしゃみをする子どもとそれを叱る母親らしき女性の声が取り入れられていることが表すように、思春期特有の「大人になること」への畏れと憧れをポップソングとして見事に結実させている。

ここでオロノ以外の6人のメンバーを紹介しておこう。ステージ後方でストラトキャスターを掻き鳴らしていたのは、ハリー。なぜかこの日は、ドクター・ドレーのTシャツを着ていた。ライブ中「イケメンですよね!」とオロノに日本語でいじられ不思議そうな顔を浮かべていた、ドラムスとシンセパッドを操るトゥーカン。モーグ・シンセサイザー担当で、オレンジ色のフープ・イヤリングを身につけた大男・エミリー。この3人とオロノが楽曲の大枠を形作り、そこにルビー、B、ソウルの3人のコーラス部隊がゆらゆらと謎めいた動きを見せながら男女混成のコーラスでステージを盛り上げる。

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

    Photo by Ray Otabe

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

    Photo by Ray Otabe

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe
  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

ゴゴゴゴゴゴゴ……という地鳴りのような響きが会場を震わせる、何が起きるのかと身構えるオーディエンスの眼前に映し出されたのは宇宙ステーションのやたら壮大な映像。それをイントロダクションに続いて演奏されたのは、“Night Time”。宇宙に夜はそもそもないだろう……と突っ込みたくなるが、トゥーカンの叩き出すステディなビートとハリーの奏でるいなたいギターがなんとも心地よい夜の散歩へとオーディエンスを誘う。彼らの現在の本拠地でもある東ロンドン・ホーマートン周辺を自転車でナイトウォークするオロノの姿も映像には組み込まれていた。

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

    Photo by Ray Otabe

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

    Photo by Ray Otabe

  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe
  • 【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray Otabe

楽曲が終わると、夜の散歩を経てルビー、B、ソウルは眠たくなったのか、体をくねらせ就寝体勢に。iPhoneのアラーム音が鳴るものの、起きる気配はない。それを横目にオロノは「疲れてますね。月曜日ですよ、ねぇ? Monday, am I right?(月曜日だよねぇ?)」と、彼らに話しかける。

するとなぜかステージ後方にいるエミリーが「Yeah! Monday! (イェー、月曜日!)」とやたらとテンションの高いレスポンスを返す。会場から起きた笑いをケムに巻くように、「It’s Monday so we gonna play next song(今日は月曜日だから、次の曲をやります)」と、クールに一言。

【来日レポ】スーパーオーガニズム @ 渋谷WWW公演 - Photo by Ray OtabePhoto by Ray Otabe

ちなみに次に演奏された“Reflections On The Screen”はおそらく、月曜日とは何の関係もない楽曲。だけど、本当にいい曲なんだ、この曲! ブリッジミュートしたギターのフレーズがいかにもインディーロック然としていて、なんともカッコいい。シュールな一筋縄ではいかないテーマばかり歌っているスーパーオーガニズムには珍しいデジタル世代のラブ・ソング的な趣がある。

1998年の宇多田ヒカルはスクリーンの中でチカチカしている文字に恋人の温かみを感じ取ったが、2018年のスーパーオーガニズムはスクリーンに映った馬鹿みたいなGIFアニメの繰り返しに生の実感を覚えるのだ(と、いう歌詞が楽曲の中にあるのです)。

次のページライブは後半へ
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする