おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM - All photo by白石達也All photo by白石達也

京都でPeople In The Boxと、福岡でズーカラデルと。メンバーが対バンしたい相手を呼んでライブを繰り広げてきたおいしくるメロンパンの2マンツアー「X、Xよ、Xって。 〜かX夜〜」(このイベントタイトルの意味は後述)。ファイナルとなる東京公演の相手はネクライトーキーだ。これまでの2公演同様、この日のリキッドルームもソールドアウト。熱気に溢れたフロアを前に、おいしくるメロンパンはバージョンアップした姿を見せてくれた。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

先攻のネクライトーキーは、コンテンポラリーな生活の朝日(G)を中心に結成された今大注目の5人組。メンバーがひとりずつステージに登場して挨拶をするオープニングから歓声と拍手が巻き起こる。もっさ(Vo・G)が伸びやかに歌う“だけじゃないBABY”から、朝日の絶叫とともに突入した“きらいな人”で一気にギアを上げると、そのまま“めっちゃかわいいうた”へ。どこか飄々としたもっさと、ギターを弾き倒す朝日、そして身体を大きく揺らしながらベースを弾く藤田(B)の姿が鮮やかなコントラストを描き出す。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

中村郁香(Key)によるイントロのフレーズとカズマ・タケイ(Dr)の刻むハイハットが強烈に耳に残る“こんがらがった!”ではお客さんによる手拍子の合いの手も決まり、「服部って誰やねん!」という朝日の叫びも轟いた“許せ!服部”ではフロアも巻き込んでの「1、2、3、4!」のコールが巻き起こる。かと思えば続く新曲“波のある生活”ではセンシティブな子ども心を鮮やかに描き出す。笑いも涙も別け隔てなくポップに味付けしてみせる、その想像力の振れ幅と自由さがこのバンドの魅力だ。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM
おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

朝日がおいしくるメロンパン“シュガーサーフ”のさわりを弾くという一幕も挟み、ライブは後半戦へ。「まだまだいくぞ!」という朝日の声に呼応するように、お客さんもさらなる盛り上がりを見せていった。ラストはフロア全体を巻き込んでの『サンダーバード』風カウントダウンからスタートした“オシャレ大作戦”、そして“遠吠えのサンセット”。むーさん(中村)のシンセが鳴らすオーケストラヒットがガンガン高揚感を煽る中、「お次はおいしくるメロンパンです、お楽しみに!」というもっさの言葉とともにネクライトーキーのステージは幕を下ろした。

というわけでいよいよ本日の主役、おいしくるメロンパン。僕が彼らのライブを観るのは昨年11月のワンマンツアーファイナル以来、つまりとんとご無沙汰なのだが、いや、驚いた。ワンマンか対バンかという違いはあれど、この日の彼らは見違えるようにタフだった。絵でたとえるなら、淡く繊細な色遣いはそのままに、デッサンのタッチが力強くなったような感じ。アンサンブルの輪郭が濃く太くなっている印象を受けた。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM
おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

原駿太郎(Dr)、峯岸翔雪(B)、そしてナカシマ(Vo・G)の順にステージに現れると、ナカシマのギター1本から“caramel city”へ。続く“色水”のイントロが聞こえてくると、フロアは早くも大きな歓声に包まれる。ミュートぎみのギター、カツカツと刻まれるドラムのリム打ち、そんな音の端々にみずみずしい情景が宿る。3曲目の“紫陽花”を終えたところでこの日最初のMC。峯岸が今回のイベント名の読み方を知っているかフロアに問いかけるも、反応はあまりかんばしくない(ちなみに「【おすな】よ、【おすな】って。〜か【おすな】夜〜」と読む)。「1時間ぐらい考えた」というタイトルが浸透していないことに残念そうな表情を見せる峯岸だが、そんなことには構わず「今日は自由に楽しんでいってちょうだい!」(峯岸)とさらにお客さんを煽っていく。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM
おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

観客の手拍子に乗って“look at the sea”を軽やかに駆け抜けると、“水葬”で一気にディープな心象風景を描き出す。そのまま流れるように“nazca”へ。スケールの大きなアンサンブルがオレンジのライトに照らされて大きく羽を広げる。もとよりスリーピースならではの風通しのよさを感じさせるおいしくるメロンパンだが、それに加えて音に厚みがあるというか、コクがあるというか。立体的に立ち上がるサウンドに圧倒される。MCでナカシマは対バンのネクライトーキーと自分たちを比較して「僕らは静かなロックというか……踊らなくてもいいし、無理やり盛り上がらなくてもいい。こういうのが好きでやってるんで」と話していたが、仮に静かな印象だったとしても、彼らの音楽の背景には大きな感情の波が潜んでいる。「東日本初披露」(峯岸)された新曲“憧景”(このライブ翌日に配信リリースされた)はまさにそういう曲だ。そこから“dry flower”を経て本編ラスト“シュガーサーフ”への流れは、エモーショナルなおいしくるメロンパンの本性をはっきりと浮かび上がらせていた。

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM
おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM

原による恒例のグッズ紹介(峯岸からは「物販(紹介)のときがいちばん楽しそう」とイジられていた)から始まったアンコール。ひとり遅れてステージに戻ってきたナカシマが「僕たちはこれからもずっとずっと、このバンドで音楽を続けていきます。CDを買ってくれたりライブに来てくれたりしたら嬉しいんですけど、僕らは本当に自分らがかっこいいと思ってるんで」とバンドの姿勢を改めて表明し、バンドは自分たちの原点ともいえる“夕立と魚”を演奏した。自信というよりは確信が滲むナカシマの言葉が象徴するように、おいしくるメロンパンは着々と自分たちの道を歩んでいる。今回の2マンツアーでまったくタイプの違う3バンドと相まみえたことで、彼ら自身もそのアイデンティティを再認識したのではないだろうか。この日のライブ中に発表されたとおり、おいしくるメロンパンは9月25日(水)にミニアルバム『flask』をリリースし、10月から12月にかけて全国ワンマンツアーを行う。そこでさらに確信を深めた彼らに出会えるのが、今から楽しみだ。(小川智宏)

おいしくるメロンパン×ネクライトーキー/恵比寿LIQUIDROOM



【セットリスト】
■ネクライトーキー
01.だけじゃないBABY
02.きらいな人
03.めっちゃかわいいうた
04.こんがらがった!
05.音楽が嫌いな女の子
06.許せ!服部
07.波のある生活
08.夕暮れ先生
09.オシャレ大作戦
10.遠吠えのサンセット

■おいしくるメロンパン
01. caramel city
02. 色水
03. 紫陽花
04. look at the sea
05. 水葬
06. nazca
07. 命日
08. 憧景
09. dry flower
10. シュガーサーフ

(アンコール)
EN01. 夕立と魚
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする