【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!

  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た! - photo by Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai(FYD inc.)

    photo by Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai(FYD inc.)

  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た! - photo by Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai(FYD inc.)
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!
  • 【完全レポ】MAN WITH A MISSION、「The World's On Fire TOUR 2016」追加公演、幕張2日目を観た!

MAN WITH A MISSIONが、10月23日に幕張メッセ国際展示場9〜11ホールでツアー「The World's On Fire TOUR 2016」の追加公演を開催した。RO69では、この模様をロングレポートでお届けする。なお、MC部分は編集部で日本語訳しています。

-------------------------------

「昨日すでに1日やっておりますので、今日はちょっと落ち着いてやっていこうかなと――」。開演早々からクライマックス状態の観客をジャン・ケン・ジョニー(Vo・G)が悪戯っぽく挑発、「えーっ!」と地鳴りのように湧き上がる満場の叫びを受けて「んなわけあるかバカタレが! 本日も我々MAN WITH A MISSION、全身全霊をもちまして、あなたたちをぶっ潰しに来ました! たったの2万5千人だか何だか知らねえが、全員まとめてかかってこんかい!!」とさらにぶち上げるジャン・ケンのコールが、見渡す限り衝動と歓喜が燃え盛る熾烈なロックの風景を描き出していく――。

3月から行われていた全国ツアー「The World's On Fire TOUR 2016」の追加公演として、幕張メッセ(10/22・10/23)、ポートメッセなごや(11/3)、インテックス大阪(11/26・11/27)で開催される追加公演のうち、幕張メッセ2DAYSの2日目となるこの日のライブ。
2日間で実に5万人が集結した巨大なライブ空間を、ホール一面をステージとLEDスクリーンで埋め尽くした舞台設定と、大会場ならではの特効や演出効果を駆使したステージングと、何より最新アルバム『The World's On Fire』にこめられたシリアスなメッセージ性をこの大空間いっぱいに撃ち放っていくようなダイナミックなサウンドと歌が、オーディエンスの情熱と真っ向から響き合って、一音ごとに魂が沸き立つようなエモーショナルな時間を生み出していた。

ツアーはまだ11月まで続くため、セットリストの詳細は割愛、ここでは一部楽曲に触れるのみとさせていただくが、ツアーを通してより強靭な訴求力を獲得した『The World's On Fire』の楽曲群が、この日のアクトの強力な軸を成していたことは間違いない。
人間の根源的な「七つの大罪」と向き合うストイシズムを、雄大なロックのサウンドスケープと重ね合わせて轟かせた“Seven Deadly Sins”。カミカゼ・ボーイ(B・Cho)&スペア・リブ(Dr)のビートの躍動感、ジャン・ケンのアグレッシブなギターワークとDJサンタモニカ(Dj/Sampling)のスクラッチが鋭利に交錯する音像、トーキョー・タナカ(Vo)の熱い歌声が渾然一体となって炸裂し、2万5千人の大合唱が轟くメッセ激震の激烈祝祭空間を繰り広げてみせた“Raise your flag”—―。
まさに「On Fire」な世界に生きる我々の危機感と、それでも未来の希望を渇望する想いを強烈に体現する『The World's On Fire』の楽曲が、“FLY AGAIN”など鉄壁のマンウィズ・アンセム群と絡み合いながら、大会場を至上の高揚感へと導いていく。

ライブ中も数々のサプライズ演出が盛り込まれたこの日のライブで、「もうひとつサプライズが――」と披露されたのは、BOOM BOOM SATELLITES・中野雅之のプロデュースによる新曲“Hey Now”だった。ミニマルな質感のAメロのビートの森を抜けた果てにダンサブルなラウドロックの絶景へと突入する、マンウィズ最新モードのハイパーさに満ちた楽曲が、メッセ一丸の魂の熱量をさらに力強く高めていたのが印象的だった。

「ちょうどツアータイトルを考えてる最中か直前ぐらいに、いろんなことが、ヨーロッパを中心に世界中で起こっておりまして、残念なことに悲しいニュースばかりでして。もっと残念なことに、それはあまり目新しいことではなくて……僕らはずっと、同じものを見てきているような気がします」
熱気に満ちたオーディエンスに向かって、終盤のMCでジャン・ケンはひと言ひと言、静かに語りかけていた。「大したことはできないかもしれませんけども、私は祈り続けることにしました。『理想』と『現実』っていうものは、いつも反対語で使われてますけども、理想と現実がかけ離れていないってことを、見せつけてやりましょう。よろしくお願いします」……そんな真摯な言葉に、惜しみない歓声と拍手が広がっていく。
「悲しみと戦争の炎ではなく、希望の炎が世界中に灯りますように」—―3月のツアー当初からジャン・ケンが呼びかけていたメッセージが、ライブハウスとアリーナという差異など関係ない純粋さと、アリーナのスケール感と一体となった迫力をもって、どこまでも強く、深く心に焼き付いてきた。

今回の幕張公演で、新曲“Hey Now”を2016年12月3日(土)に配信リリースすること、さらにツアーの再追加公演=2016年11月30日(木)・石巻BLUE RESISTANCE公演を開催することを発表していたマンウィズ。
ロック突然変異体的な存在としてシーンに登場してから6年。国内も海外も駆け巡りながらシーン最前線を爆走し続けるマンウィズは、揺るぎない理想を胸にロックと世界の「その先」を見つめていることを、この日の熱演は明確に伝えてくるものだった。ツアー次回公演は2016年11月3日(木・祝)・ポートメッセなごや1号館にて!(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする