ラナ・デル・レイ、ニュー・アルバムが初登場でチャートのトップに。10万7千枚売上を記録

ラナ・デル・レイ、ニュー・アルバムが初登場でチャートのトップに。10万7千枚売上を記録

7月28日に新作『ラスト・フォー・ライフ』をリリースしたラナ・デル・レイだが、2014年の『ウルトラヴァイオレンス』に引き続き初登場1位を記録している。

「ビルボード」によると、『ラスト・フォー・ライフ』の初週セールスは10万7千枚を記録し、そのうちCDの売上は8万枚とほとんどの割合を占めている。残り2万7千枚は配信トラックとストリーミングの換算売上によるものだという。

この週の2位はタイラー・ザ・クリエイターの『Flower Boy』、3位はミーク・ミルの『Wins & Losses』で、それぞれ約10万6千枚相当と約10万2千枚相当のセールスを記録した。

リリースまでは3枚ともかなりの接戦を繰り広げており、関係者の間ではどれが1位になってもおかしくないと言われていたようだが、どの作品もすべて予想以上の売り上げを記録している。

また、リンキン・パークの最新作『ワン・モア・ライト』と2000年の『ハイブリッド・セオリー』がそれぞれ4位と8位でトップ10入りを果たした。

関連記事はこちら。

リンキン・パークのアルバム、ビルボード・チャートでデヴィッド・ボウイの記録を破る
チェスター・ベニントンの死後、リンキン・パークの作品の売上が大幅に増加していることは先日お伝えした通りだが、米「ビルボード」のチャート「Hot Rock Songs」でデヴィッド・ボウイの記録を上回ったことが明らかになった。 リンキン・パークの楽曲の内23曲が、ラジオでの放送回数、楽…
リンキン・パークのアルバム、ビルボード・チャートでデヴィッド・ボウイの記録を破る

最新ブログ

フォローする