KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る!

KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る!

これだけナチュラルに自分の作ったものに対して喜べるのは、本当に・・・・・・初めて曲を作った時とか、そういう時期に近いですね。評価とかそういうことじゃなくて、とにかく人に聴かせたい(谷口鮪/Vo・G)


自分の好きなニュアンスと鮪の好きなニュアンスって違うじゃないですか。僕がイケてると思ったテイクでも、鮪は「録り直してほしい」って言うんですよ。そこで妥協したら絶対にダメやなと思ったので、1本ずつちゃんときれいに録ることをマストでやった(古賀隼斗/G・Cho)


メンバーの会話が増えたのも、このアルバムを作るにあたって大事なことやったなと思います。もともと距離感が近いから余計に「言わんでもわかるやろ」っていう暗黙の了解が多かったと思うんですよね。でも、実際に言ったほうが次につながりますし、なあなあにしていた部分が多かったんやと思う(飯田祐馬/B・Cho)


デビューする前にやってた曲とか、もともと僕が「『KANA-BOON』のここがいいな」と思っていた曲の良さをあらためて再確認したアルバムだなと思ってます。今までは曲によって「ここがいいな」ってポイントが細かくあったと思うんですけど、今回のアルバムは曲全体でいいと思えるものが集まっている(小泉貴裕/Dr)


KANA-BOONらしさを取り戻した感もあるし、新しく自分たちの路線を見つけたところもあるし。このアルバムは集大成なので。今までの全部がここにつながってる。だから、これを聴いてもらわないと始まらない(谷口)


  • KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る! - 『ROCKIN’ON JAPAN』2017年10月号

    『ROCKIN’ON JAPAN』2017年10月号

  • KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る! - 別冊 ロック・イン・ジャパン・フェス2017

    別冊 ロック・イン・ジャパン・フェス2017

  • KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る! - 『ROCKIN’ON JAPAN』2017年10月号
  • KANA-BOON、最強のアルバム『NAMiDA』を語る! - 別冊 ロック・イン・ジャパン・フェス2017

最新ブログ

フォローする