『ひよっこ』『小さな巨人』などで注目の俳優・竜星涼。熱さ漲る彼のスタンスに迫る!

  • 『ひよっこ』『小さな巨人』などで注目の俳優・竜星涼。熱さ漲る彼のスタンスに迫る!
  • 『ひよっこ』『小さな巨人』などで注目の俳優・竜星涼。熱さ漲る彼のスタンスに迫る! - 『CUT』 2017年10月号

    『CUT』 2017年10月号

  • 『ひよっこ』『小さな巨人』などで注目の俳優・竜星涼。熱さ漲る彼のスタンスに迫る!
  • 『ひよっこ』『小さな巨人』などで注目の俳優・竜星涼。熱さ漲る彼のスタンスに迫る! - 『CUT』 2017年10月号
2017年前期のNHK朝ドラ『ひよっこ』で主人公・みね子を助ける同郷出身の警察官・綿引を演じる一方、日曜劇場『小さな巨人』、映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』でもそれぞれ個性のある刑事を熱演するなど、真っ直ぐな芝居で注目を集めている俳優の竜星涼。現在発売中の『CUT』10月号では、その存在感が光った2017年を振り返るインタビューが掲載されている。

朝ドラ、日曜劇場など伝統のある枠に立て続けに出演した今年を振り返るなかで、それぞれ楽しみがあり、充実していたと語る竜星。しかし一方で、自身により高みを求め続け、闘志をみなぎらせる様子も見せる。

「その時々の看板のある枠の中にいられて、幸せだと思います。でも『幸せだなあ』と思いながらも、自分で自分を鼓舞し続けてもいて。『こんなもんじゃないだろう、俺』『もっとやれるし、やんなきゃいけないんじゃないの』って気持ちは常にあるんです」


正義を信じる刑事や主人公を支える親友など熱く真っ直ぐな役が続く竜星だが、彼が持つ熱さは役によるものだけではない。そこには、彼自身が持つ熱意も生かされているという。

「どんな作品でも、自分の中の熱さみたいなものを少しでも乗せることができれば、役として生きてくると思ってるんです。最近僕に求めていただく役も、真っ直ぐな役が多いと思っていて。(中略)でも逆に『イメージと違うけど、この役をやったらどうなるのか見てみたい』って思って託してくれる人に出会いたいな、ともずっと思ってますね。それってすごく愛があって、嬉しいことですから」


自分のまだ見ぬ可能性を求め、熱く突き進む竜星涼。その熱量でこの先もさまざまな作品を噛み締めて実力を磨き、より大きく羽ばたいていくことがわかるテキストになっている。
単身パリコレに挑戦したという彼のファッショナブルな一面を切り取った撮り下ろしフォトと合わせて、ファン必読のインタビューだ。

最新ブログ

フォローする