【渋谷・山崎のフジロックミニレポまとめ】N.E.R.D、ケンドリック・ラマー、ボブ・ディランetc……

【渋谷・山崎のフジロックミニレポまとめ】N.E.R.D、ケンドリック・ラマー、ボブ・ディランetc……

7月27日(金)から7月29日(日)に開催された「FUJI ROCK FESTIVAL '18」。特に2日目は厳しい天候となりながらも、話題のアーティストたちが苗場を大いに盛り上げた3日間だった。

そんな「FUJI ROCK FESTIVAL '18」の速報として渋谷陽一の「社長はつらいよ」と山崎洋一郎の「総編集長日記」でお届けしたブログを、今一度まとめてご紹介。

N.E.R.D、ケンドリック・ラマー、ボブ・ディランがヘッドライナーを務めた3日間を振り返っていきたい。


1日目:7月27日(金)


GLIM SPANKY

GLIM SPANKYをフジロックで観た
前回はレッドマーキーで、今年はグリーンステージに出演。 20代中盤の若さでこの本格的ロック感が出せるバンドは貴重で、だからこその大抜擢である。 スケール感のある曲、堂に入った演奏とボーカルでその期待に完璧に応えていた。 武道館公演を経て、また一回り大きくなったのがわかる。 フジロックに…
GLIM SPANKYをフジロックで観た

レッツ・イート・グランマ

フジロックでレッツ・イート・グランマを観る。
10代の女の子2人組。想像以上に洗練されたサウンドに驚く。 アメリカから現れるバリバリ体育会系の歌唱力を持つ若い女性シンガーと違う、文系乗りのユルい感じがイギリス的。 でもトラックはとてもハイブリッドで、そのコントラストがとてもオリジナルでいい。
フジロックでレッツ・イート・グランマを観る。
LET'S EAT GRANDMAをフジロックで観た。この子たちはすごい
UKの10代の美少女エクスペリメンタル・ポップ・デュオ。 今トレンドのデヴィッド・レンチがプロデュースしていて音源も良くて気に入っていたのだが、ライブを観てあまりの良さにびっくりしてしまった。 この2人の少女は間違いなく天才性のようなものを持っていて、それがプロデューサーによって引き出されたの…
LET'S EAT GRANDMAをフジロックで観た。この子たちはすごい

パーケイ・コーツ

パーケイ・コーツをフジロックで観た
ローファイ/オルタナを通過したUSパンク/ガレージ・バンド。 ストロークス的なアレンジのハイセンスぶりと、場末のパブロックのバンドみたいな行儀の悪さの組み合わせが、どっちやねん? みたいな感じがいい。 「おい、レフリーはどこだ? なんでレッドカードを出すんだ? 不公平だぞ」 みたいなMC…
パーケイ・コーツをフジロックで観た

イヤーズ&イヤーズ

フジロックでイヤーズ&イヤーズを観る。
野外のロックフェスという舞台でもボーカルのオリーのキャラのキュートさは無敵。 苗場の開放的な緑の空間に鮮やかな赤の衣装が映える。
フジロックでイヤーズ&イヤーズを観る。
YEARS & YEARSをフジロックで観た
単独来日公演や前回のフジの時より、オリーのキャラがさらに爆発しててヤバい。 喜びや悲しみを人前で抑制する、大人としてのブレーキを封印して、ピタピタのタンクトップに赤いパンツと裸の心で歌っている。 ピーターパンそのもの、美しい。 音楽的にはカラフルなダンスポップからモノトーンなR&Bまでレ…
YEARS & YEARSをフジロックで観た

エレファントカシマシ

フジロック仕様のエレファントカシマシはこれだ!満員のホワイトステージで勝つ。
本番前のショット。本番は攻めのセットリストでホワイトステージを熱く盛り上げた。フジロックはエレカシを待っていた、という熱量が感じれる素晴らしいステージだった。
フジロック仕様のエレファントカシマシはこれだ!満員のホワイトステージで勝つ。
エレファントカシマシをフジロックで観た
エレカシ、初のフジロック出演だ。 Easy Go、RAINBOW、奴隷天国、ガストロンジャーなどハードコアな曲を叩きつけ、悲しみの果て、今宵の月のようにもやり、ファイティングマン、おはようこんにちはもやって、初出演に込めた思いを表現し尽くしていた。 ホワイトステージは観客動員で一杯、夕暮れ空も…
エレファントカシマシをフジロックで観た

サカナクション

サカナクションをフジロックで観た
6年前のホワイトステージの時は確かCaribou→サカナクション→Justiceという流れで体が止まらなかった記憶がある。 今年はグリーンステージ。NERDの前という、またもいい流れ。 ベスト盤『魚図鑑』のツアーが、コンセプト/アイデア/プロデュースの全てが完璧に整ったツアーで 非常に見…
サカナクションをフジロックで観た

マック・デマルコ

フジロックでマック・デマルコを観る。
期待通りの楽しくてユルーイ感じのステージ。このフジロックの空気の中だと、そのグルーヴがより増幅されて最高。 ただ言うまでもないことだけど、ユルーイ楽しさは音楽としての高いクオリティが担保されているからこそ。その半端ない腕力も楽しめるステージだった。
フジロックでマック・デマルコを観る。
マック・デマルコをフジロックで観た
独特のクリーントーンのギターサウンド、粋な曲。 日本語混じりで奇声を発するお茶目なキャラもいつもどおりで、いつもどおり楽しいマック・デマルコのライブ。 前回の単独公演の日は大雪で、マックがあまりにもグダグダ(音楽じゃないよ)のライヴを延々続けてだんだんお客が帰っていくという一幕もあったが、今日…
マック・デマルコをフジロックで観た

N.E.R.D

フジロックでN・E・R・Dを観る。
ファレル・ウリアムスにとって今回のN・E・R・Dとしての活動が、どれだけの覚悟と気合いで行われているかが、凄いエネルギーで伝わって来る素晴らしいパフォーマンスだった。 突然の「オールライト」も飛び道具ではなく、必然として歌われた感じがリアルだった。 スピード感と運動量に圧倒されているうちに、あっ…
フジロックでN・E・R・Dを観る。
NERDをフジロックで観た
待望の新作は最高だったし、今回のフジロックでの久々のライブは本当に楽しみにしていた。 3年前のサマソニのファレルが僕の中では不完全燃焼だったからなおさらだった。 始まった瞬間から、やっぱりNERDは半端ない。 前半は新作や、ファレルのフィーチャリングもの(明日のケンドリック・ラマーに先駆…
NERDをフジロックで観た

ポスト・マローン

フジロックでポスト・マローンを観る。
ニューヨークの中村さんから、ゆるキャラだと事前に聞いていたが、そのとおりだった(笑) 僕の推し曲「ステイ」を弾き語りで歌ってくれたが、その佇まいはほとんどエド・シーラン。 言うまでもなく、この人のエンジンはメロディ。その才能が選んだ音楽スタイルがヒップホップだというのが、とても2010年代的。…
フジロックでポスト・マローンを観る。
ポスト・マローン、死ぬほどかっこいい。フジロックのホワイトステージでついに目撃
ポスト・マローン、死ぬほどかっこいい。 計算しつくされた低音、泣ける歌のメロディ、そしてひたすら気持ちいい声。 このシンプルな構造がとてつもないエモーションを生み出している。 ロックの魔法ともヒップホップの魔法とも違う、ポスト・マローンの音楽独自の魔法を感じる。 その上、いかついロッカー体…
ポスト・マローン、死ぬほどかっこいい。フジロックのホワイトステージでついに目撃

次のページ2日目:7月28日(土)へ
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする