ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位

  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - 米津玄師 Photo by 山田智和

    米津玄師 Photo by 山田智和

  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - 星野源

    星野源

  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - あいみょん

    あいみょん

  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - 米津玄師 Photo by 山田智和
  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - 星野源
  • ビルボードジャパン 2019年上半期チャートで米津玄師“Lemon”&星野源『POP VIRUS』が首位 - あいみょん
ビルボードジャパンが、2019年総合上半期チャートの受賞楽曲・アーティストを発表した。

2019年の上半期総合ソング・チャート「Billboard JAPAN Hot 100」は、米津玄師の“Lemon”が2018年上半期と年間に続き総合首位を獲得。同曲の今年度上半期の総合ポイントは、2018年上半期を上回った。2位にはあいみょんの“マリーゴールド”、3位にはDA PUMPの“U.S.A.”が名を連ねた。

また、総合アルバムチャート「Billboard JAPAN Hot Albums」では、星野源の『POP VIRUS』が首位を獲得。また、2位にはONE OK ROCK『Eye of the Storm』、3位には乃木坂46『今が思い出になるまで』がランクインした。

さらに、「Billboard JAPAN Top Artists」はあいみょんが獲得した。あいみょんは、「JAPAN Hot100」で100位中8曲、「JAPAN Hot Albums」では3タイトルがチャートインし、総合ソングチャートと総合アルバムチャートのポイントを合算したアーティストランキングで自身初の首位に立った。


【米津玄師 Billboard JAPAN HOT100 2019年上半期1位コメント】
とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです。

米津玄師


【星野源 Billboard JAPAN HOT Albums 2019年上半期1位コメント】
この作品の制作は、自分にとっての音楽家人生を賭けた挑戦であり、希望の製造であり、自己の救済であり、中指越しに愛を探す作業でした。その作品『POP VIRUS』が、こうしてたくさんの皆さんに伝わり、受け入れられ、聴いていただくことができて、最高に嬉しく幸せです。制作に関わり尽力してくれたスタッフ、プレイヤーのみんな。そして聴いてくれた貴方。
本当に本当にありがとうございます!

星野源


【あいみょん Billboard JAPAN TOP ARTISTS 2019年上半期1位コメント】
自分が思っていた以上に聴いてもらえて、すごく嬉しいです。さらにヒット曲を作りたい、生みたいという想いは昔から変わらないので、「今だけでしょ」って思わないで、期待していてください。私は止まらずに曲を作り続けるので、それが息絶えるまで離れないでいてほしいです。

あいみょん



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする