My Hair is Bad、ニューアルバム『boys』誕生を機にバンドの歴史を語り合う!

My Hair is Bad、ニューアルバム『boys』誕生を機にバンドの歴史を語り合う!
6月26日(水)に4枚目のフルアルバムとなる『boys』をリリースするMy Hair is Badが、6月19日(水)発売の『CUT』2019年7月号に登場。『woman’s』『mothers』といった過去作から一転、『boys』と名付けられた今回のアルバムを機に、少年たち=My Hair is Badの歴史を、メンバー全員で語り尽くしてもらった。

近くにいて、同じような音楽が好きで、僕とバンドやってくれるのがこのふたりだった。変な負けん気は3人ともあって。「絶対勝ってやる!」みたいな。どうやって勝つのかわかってなかったけど。その悔しさで続けてきたのかなあ(椎木)


中学・高校の同級生で結成されたMy Hair is Bad。THE NINTH APOLLOというレーベルと出会い、マイヘアなりの「かっこよさ」を求めて常に本気でバンドと向き合ってきた彼らだったが、メジャーデビュー後も椎木の試行錯誤は続いた。そんな椎木の支えとなっていたのが、変わらずいてくれた山田・山本のふたりの存在であったという。

試行錯誤してることは、わざわざ俺らには言ってこないんです。でも、頑張ってるのは伝わってくるから、それに負けずに僕らも頑張るという感じでしたね。かっこ悪いのはかっこ悪いなと思うし、これいいじゃんっていうのも、みんな言わなくても感覚的に一緒なんで。そういうのもわざわざ話したりしないですね(山田)

悩んでるというのも言われてないし、俺らも訊かなかったんで。僕は、いい意味でも悪い意味でも任せっきりというか。ベースとしての個人の話になるんですけど、1枚1枚出すごとに、前のCDではやってこなかった技術を次のCDで出す、みたいなイメージでやっていって。その曲に合うもの、かつMy Hair is Badっぽくするように意識していました(山本)


そんな試行錯誤の末に誕生した『boys』について、椎木はこう語る。

これが評価されないんだったら、ちょっと考えもんだなって思うくらい、僕は好きなアルバムで。だからこそ、みんながなんて言ってくれるか不安です。(中略)ライブハウスのお客さんにも届いてほしいし、普段バンドを聴かないお客さんにも届いてほしい。その、今できるバランスが取れたのがこれなのかな(椎木)


ライブハウスから離れず、それでいてJ-POPのど真ん中にも通用する楽曲を送り出すMy Hair is Badの戦いはこれからも続いていく。決定版バンド史とも言える本インタビューの全文を、ぜひ誌面でチェックしてほしい。

掲載号のご購入はこちら。

My Hair is Bad、ニューアルバム『boys』誕生を機にバンドの歴史を語り合う! - 『CUT』2019年7月号『CUT』2019年7月号

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする