ノエル・ギャラガー、テイラー・スウィフトやエド・シーランの音楽を痛烈ディス

ノエル・ギャラガー、テイラー・スウィフトやエド・シーランの音楽を痛烈ディス

これまでに何度もテイラー・スウィフトエド・シーランを叩いているノエル・ギャラガーが、最新インタビューでも2人の音楽を批判している。

US Weekly」によると、英ポッドキャスト番組『Funny How? with Matt Morgan』に出演したノエルが、テイラーとエドに言及。まずは大衆向けの音楽に対する不満を口にしていたという。

「今や音楽は、音楽そのものより格好重視だ。音楽ゲームに参加してる若い奴らは見栄えが良くて、タトゥーを入れたりイメージ重視で全部クソ食らえだね。マジで奴らはクソで、何も伝えていない」


続けてノエルは、テイラーについてこう話した。

「すげえ売れてる奴らはクソだね。俺が若かったときは、売れてるアーティストは最高だった。大抵、世界で最大のバンドは世界で最高のバンドだった。今、世界で一番売れてるのはテイラー・スウィフトだ。何だって?って感じだね。どうでもいい」


そしてノエルは、「華やかな真のロックスター」だと思うデヴィッド・ボウイやフレディ・マーキュリー、T・レックスのマーク・ボランのようなアーティストを挙げ、エドと比較している。

「もう、彼らのような人はいないね。だって、ミュージシャンがそんなに金を稼ぐことはないだろうからさ。だけど、エド・シーランのように稼ぐヤツはクソだ。プライベート・ジェットもないし、ナチスの恰好をしてキングス・クロス駅に現れるデヴィッド・ボウイもいない。アーティストがメディアに怯えているからさ」


ちなみにノエルから批判されているエド本人は、以前英BBCラジオ2でノエルとの関係について、「彼にメッセージを送ったんだ。(ウェンブリー・スタジアム公演の)チケットは要らないかって訊いたら、『お前、厚かましい野郎だな。娘が何枚か欲しがるよ』って返事が来たよ」と話している。

なお、最近のインタビューでノエルは、米音楽業界が女性を「モノ」として見ていると痛烈に批判していた


ノエル・ギャラガーの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』10月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


もう手に入れましたか?『ロッキング・オン』最新10月号はリアム・ギャラガー大特集! リアム&オアシス両面大判ポスターつき。ノエルのインタビューも必読!!
絶賛発売中の『rockin’on』10月号。読者のみなさんの熱い反響が多く、編集部一同嬉しい限りです。 今回は、リアム・ギャラガー初のドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の公開を記念して、リアムの大特集。 リアムがオアシスからソロまでを語る最新インタビュー…
もう手に入れましたか?『ロッキング・オン』最新10月号はリアム・ギャラガー大特集! リアム&オアシス両面大判ポスターつき。ノエルのインタビューも必読!!

ノエル・ギャラガー、テイラー・スウィフトやエド・シーランの音楽を痛烈ディス - 『rockin'on』2020年10月号『rockin'on』2020年10月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする