ザ・ウィークエンド、痛々しい傷だらけの顔面の理由とは? 『After Hours』収録曲のMVに込めたコンセプトを語る

ザ・ウィークエンド、痛々しい傷だらけの顔面の理由とは? 『After Hours』収録曲のMVに込めたコンセプトを語る

昨年3月にアルバム『After Hours』をリリースして以来、ザ・ウィークエンドは、イベントやミュージック・ビデオなどで顔を殴られたような特殊メイクを施したり、顔中に包帯を巻いた姿で登場している。

『After Hours』の収録曲“Blinding Lights”と“Heartless”のミュージック・ビデオでは鼻が折れて顔中傷だらけで、“Too Late”を披露したアメリカン・ミュージック・アワードでは顔中に包帯を巻いていた。

「Variety」のインタビューを報じた「Consequence of Sound」によると、その理由についてザ・ウィークエンドが次のように語っていたという。

「顔中を覆った包帯はハリウッド・セレブのバカげたカルチャーと、人を喜ばせて認められたいという薄っぺらな理由で、自分を操ってる人たちを反映している。(ビデオの)物語が進化していて、(ザ・ウィークエンドが演じている)キャラクターのストーリーが展開するにつれ、彼の物語が危険で不条理なレベルへ達していくのを目にするんだ。僕にとって外見の魅力は重要ではないが、説得力がある物語は大切だということがわかるんじゃないかな。」


そして、ミュージック・ビデオで伝えようとしていたこの一連の物語は、整形したような変わり果てた顔を披露した“Save Your Tears”で幕を閉じた。


なお、ザ・ウィークエンドは、現地時間2月7日に開催される第55回スーパーボウルのハーフタイム・ショーで、出演料ゼロにもかかわらず、自腹で約7億3500万円のステージ制作費を投資すると報じられていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ザ・ウィークエンド、痛々しい傷だらけの顔面の理由とは? 『After Hours』収録曲のMVに込めたコンセプトを語る - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする