ブルース・スプリングスティーン、初めてラジオで自分の曲を聴いた想い出を語る

ブルース・スプリングスティーン、初めてラジオで自分の曲を聴いた想い出を語る

ブルース・スプリングスティーンが、初めて自分の曲をラジオで聴いたときの想い出を語っている。

Ultimate Classic Rock」によると、英 BBC Radio 1の番組に出演したブルースが、1973年にリリースされたデビュー・アルバム『Greetings From Asbury Park, N.J.』の収録曲“Spirit In The Night”が、初めてラジオから聴こえてきた時のエピソードを披露した。

「私がコネチカット州の街角に立っていたら1台の車が停まって、運転手が窓を開けたらラジオから“Spirit In The Night”が流れてきたんだ。私は車に駆け寄って、『それは僕の曲だ!』って言いたかったよ。しなかったけどね。驚きで恍惚として、ただ、そこに立ち尽くしてたよ」


なお、先月にブルースはSirius XMのチャンネル「E Street Radio」で、大ヒットとなったブロードウェイのワンマン・ショー『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』へのカムバックについて言及

またブルースは、ザ・キラーズのフロントマン:ブランドン・フラワーズとタッグを組んだ新曲“Dustland”を6月16日にリリースしている。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ブルース・スプリングスティーン、初めてラジオで自分の曲を聴いた想い出を語る - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする