【JAPAN最新号】宮本浩次、女心の歌謡名曲が「宮本浩次の歌」として響く必然。初のカバーコンサート「ロマンスの夜」を観た!

【JAPAN最新号】宮本浩次、女心の歌謡名曲が「宮本浩次の歌」として響く必然。初のカバーコンサート「ロマンスの夜」を観た!
現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』3月号に宮本浩次「ロマンスの夜」のレポートを掲載!

女心の歌謡名曲が「宮本浩次の歌」として響く必然。
初のカバーコンサート「ロマンスの夜」を観た!

文=高橋智樹 撮影=岡田貴之


「今日は、神戸という素敵な都市で、我々が選んだ珠玉の名曲を、みなさんと一緒に楽しみたいと思います。とてもいい空気で――ありがとうエブリバディ!」……歓喜と気迫の入り混じった表情で語りかける宮本の言葉が、満場の観客の熱い拍手を誘っていく。

2022年12月8日、兵庫・神戸国際会館 こくさいホール。2020年の『ROMANCE』に続き、2作目のカバーアルバム『秋の日に』をリリースした宮本浩次による、初のカバーコンサート「ロマンスの夜」2日目。自身のルーツである歌謡曲〜ニューミュージックの名曲群が「宮本浩次の表現」になっていくプロセスが、2020年代という時代のリアルと渾然一体となって響き渡っていたことに、終始感激を禁じえない、最高のアクトだった。(以下、本誌記事に続く)

(『ROCKIN'ON JAPAN』2023年3月号より抜粋)


ご購入はこちら
他ラインナップはこちら
JAPAN最新号、本日発売!Vaundy/別冊COUNTDOWN JAPAN 22/23/クリープハイプ/DISH// 北村匠海2万字/Mrs. GREEN APPLE/Saucy Dog/宮本浩次/BiSH/Official髭男dism/BE:FIRST
●Vaundy 初表紙で初めて語る、生い立ちのすべて、その才能のすべて ポップミュージックの真実と革命的人生のゆくえを語った決定版2万字インタビュー、そして「10の名曲」徹底レビュー! ●別冊 COUNTDOWN JAPAN 22/23 12万人が音楽でつながる最高の4日間 12…
JAPAN最新号、本日発売!Vaundy/別冊COUNTDOWN JAPAN 22/23/クリープハイプ/DISH// 北村匠海2万字/Mrs. GREEN APPLE/Saucy Dog/宮本浩次/BiSH/Official髭男dism/BE:FIRST - 『ROCKIN’ON JAPAN』3月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする