ジョン・レノン、「僕はビートルズが過去のものになるのが耐えられなかった」

ジョン・レノン、「僕はビートルズが過去のものになるのが耐えられなかった」 - 『イマジン』『イマジン』

12月1日(木)発売の『ロッキング・オン1月号』では、ジョン・レノンに改めて迫るテキストを掲載。『イマジン』完成直後の1971年に収録された秘蔵インタヴュー2本と、「ジョン最後の日」を再現したドキュメント記事からなる特集だ。

同インタヴューの中で、ジョン・レノンはビートルズについて述懐しているが、その想いを金閣寺にまつわるエピソードを交えながら、以下のように表現している。

「あのさ、日本にあるお坊さんがいて、20年前に本当にあった事件なんだけど。このお坊さんは大きな金色の寺院に恋してしまったんだよ。あまりに愛してしまったから火をつけて燃やしちゃったんだ、そうすれば古びることがないからって。これが僕がビートルズにしたことなんだよ。僕はビートルズが過去のものになるのは耐えられなかった」


他にもジョンは、同インタヴューの中で完成したばかりの『イマジン』についてだけではなく、ポール・マッカートニーとの関係や自身にとってのアートの意味についても詳細に告白している。今回のテキストは、いま改めてジョン・レノンと向きあう為の決定版となっている。

12月8日はジョン・レノンの命日、今年で没後31年を迎える。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする