ザ・ビートルズゆかりの地名“ペニー・レイン”に「人種差別主義者」の落書き!

ザ・ビートルズゆかりの地名“ペニー・レイン”に「人種差別主義者」の落書き!

★反人種差別デモと「帝国主義&奴隷貿易に関する各種文化財への攻撃」が毎週末、激化しながら各地で行なわれているここUKですが、

★今週末の6月12日(金)、今度はザ・ビートルズの曲名にもなった英北部リヴァプールにある地名/通り「ペニー・レイン」にある複数の標識が標的に!

ж標識4点が黒いスプレー・ペイントで塗りつぶされたほか、近くの壁に「人種差別主義者」と落書きされたものも。

落書きされた標識の中には、2018年にポール・マッカートニーがサインを残したものも含まれている。


この「ペニー・レイン」という地名については18世紀の奴隷商人「ジェームス・ペニー」に因んだものだ、との説が以前から出ていて、改名を要求する左翼組織もあったが、リヴァプール市長ジョー・アンダーソンは今週これを断固として否定。

ペニー・レインがジェームス・ペニーに因んだ地名という歴史的証拠はどこにもありません。
むしろ昔この通りを使うときに人々が支払った料金(1ペニー)に因んだものだ、という説のほうが有力です

この件の詳細については同市の国際奴隷博物館が「ひきつづき調査中」とのこと。

★にしても、英国にはグラスゴー、リヴァプール、ブリストル、ポーツマス、ロンドンetcと、何世紀も前からある港町の街中に「植民地時代に因んだ地名や道路標識」が沢山残ってるんだけど、BLMの活動家たちは国中の標識を全部撤去or改名しないと気がすまないのだろうか?

なにか毛沢東の文化大革命に通じる「言論/思想統制」に近いものになってきたような、、、(寒気)。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする