ゲイリー・ムーアの死因/今週末のタブロイド

ゲイリー・ムーアの死因/今週末のタブロイド

★週明け早々訃報が伝えられたゲイリー・ムーア(R.I.P)ですが、

どうやら死因は「スペインでのホリディ中に外出後ホテルに戻り、シャンペンやブランデーをがぶ飲みして寝た後の”寝ゲロ”」だった模様、、、。

今朝2/7(月)のThe Sun紙が報じている。

ゲイリー・ムーアといえば、筆者が79年頃働いていたロンドンのロック人種の溜まり場=スピーク・イージー(シド&ナンシーやクラッシュのメンバー達、D・ボウイ、ツェッペリン、クイーンのメンバーetc当時のロック界のスター達が毎晩集い、
明け方まで呑んだりジャムったりする業界人オンリーの会員制クラブ)の常連でもあったのですが。

あの当時からかなり深刻なアル中で、
店に入ってくるなりシャンペンやウォッカ、ワイン、アブサン、ブランデーetcありとあらゆるアルコール類を注文し、
とにかく店に来たら「翌朝まで浴びるようにお酒を飲む人」、
ということで有名な人でもあった。

でも金払いはいいし、他人を見下した言い方は絶対しない(有名になると急に態度がデカくなる人がロック界には多いんだよなぁ、、、実名は出しませんが)。
チップもケチらずいつもはずんでくれる人だったので、
我々下っ端=ウェイトレス連中からもやたら大事にされ愛されていた。

今頃は同郷出身&ダチのフィル・ライノット(元シン・リジィのVo。この人もいい人だった、、、)と天国でジャムってるのかな、、、。

お二人とも、心からご冥福をお祈りします。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする