ザ・ストロークスが「アルバムを間もなく発表!」とNY年越しライブで語る。新曲披露映像も

ザ・ストロークスが「アルバムを間もなく発表!」とNY年越しライブで語る。新曲披露映像も - pic by AKEMI NAKAMURApic by AKEMI NAKAMURA

2019年の大晦日、地元NYのブルックリン、バークレイズセンターにて年越しライブを行ったザ・ストロークスだが、「Stereogum」によると、ジュリアン・カサブランカスがステージ上で「アルバムを間もなく発表する」と言ったそう。



ストロークスが去年8月に年越しライブをやると発表した時から「新作が出る」とは言われていたが、これでバンドからも公式に発表されたことになる。

また、アンコールで観客から『アングルズ』からの曲をやって欲しいと言われると、ジュリアンは「『アングルズ』ってなんだっけ? 覚えてない」と言ったそう。そして、「新譜がもうすぐ出るんだ! 2020年が始まる! 2010年代、俺たちは休んでいた。だけど、今は凍結も解除され、俺たちは戻ってきた。誰かを本当に愛する時、凍結するようなこともある。俺が普段どんなことを言ってきたか分からないし、とりとめのないことをよく言ってしまったりするけど、でも、君たちが大好きだ。だから、今夜このステージを君たちと一緒にシェアできてすごく光栄に思う」と語ったという。


さらに、未発表曲の“Ode to the Mets”も披露。映像はこちら。
https://youtu.be/TY_1r_qm0bc

また、前座を務めたマック・デマルコと共演した“Modern Girl and Old Fashioned Men”の映像はこちら。マック・デマルコは、ジュリアンのソロ・プロジェクトThe Voidzのプロデュースも手がけている。
https://youtu.be/iWYeoiLm1wk

ストロークスのニュー・アルバムが無事発売されれば、2013年の『カムダウン・マシン』からなんと7年ぶり、通算6枚目の作品となる。ちなみに、バンドは2016年に『Future Present Past』EPをリリースしている。

ストロークスは現時点では、5月に行なわれるアトランタのフェスに、スマッシング・パンプキンズと並んでヘッドライナーが決まっている他、3月にはメキシコ、4月にはコロンビアでのフェスのヘッドライナーを務めることが発表されている。


NYでは去年、2001〜2011年のアメリカ音楽シーンを総括するアート展「Meet Me In the Bathroom: Rebirth and Rock and Roll in New York City 2001-2011」が開催され、ストロークスやザ・ホワイト・ストライプスヤー・ヤー・ヤーズLCD サウンドシステムなどの写真が展示されていてかなり懐かしかった。

https://instagram.com/p/B2FK8GXjCsp/
ストロークスの今年の活躍に期待したい。

ストロークスのこの日のセットリストは以下のとおりだ。

Heart in a Cage
You Only Live Once
The Modern Age
New York City Cops
The Adults Are Talking
Hard to Explain
Ize of the World
Reptilia
Auld Lang Syne (Robert Burns cover)
Barely Legal

[Encore]
Last Nite
Modern Girls & Old Fashioned Men
Ode to the Mets
Juicebox
What Ever Happened?
Someday
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする