SUPER BEAVERの追加公演、『 27 』ツアー27本目の渋谷クアトロを観た

SUPER BEAVERの追加公演、『 27 』ツアー27本目の渋谷クアトロを観た
ツアーファイナルのZepp DiverCityに行けなかったので、追加公演やってくれて本当にありがたい。バンド史上初だそう。アルバム『27』のツアーなのに本公演を組んでみたら26本しかなかったという冗談みたいな話も、今日のライブのためにあった、と言っていいかもしれない。素晴らしかった。

渋谷龍太はMCで「えらそうだけど、今日はクアトロが小さく感じる」と言っていた。えらそうでもなんでもなくて、本当に今日のクアトロは小さかった。というか、SUPER BEAVERと観ている僕たちの距離がえらく近かった。
フェスだろうがイベントだろうが、SUPER BEAVERは目の前の「あなた」ひとりに向かって音を鳴らす。ぶーやんの差し出した手はすぐにでも掴めそうな気がする。だんだんとワンマンの規模が大きくなって、その差し出す手の強さも、ひとりひとりの「あなた」に向かう思いの大きさも、いつの間にかもっとでっかくなっていたんだなと、今日のクアトロを観ながら思った。

アンコールでやった新曲、タイトルも決まっていないと言っていたけど、歌が始まった瞬間に全部持っていかれる、とてもポップで強い曲だった。SUPER BEAVER史上屈指の名曲、かも。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする