アーケード・ファイアの新作「エブリシング・ナウ」がどれだけ凄いかを今夜のワールド・ロック・ナウで全力で解説します。

アーケード・ファイアの新作「エブリシング・ナウ」がどれだけ凄いかを今夜のワールド・ロック・ナウで全力で解説します。
「サバーブス」というタイトルは凄かった。世界を覆うグローバリズムのリアルを「郊外」という言葉で的確に切り取って見せたアーケード・ファイアは素晴らしかった。
世界中、どこでも均一な光景が広がる「郊外」、そこに時代を象徴するものを見たアーケード・ファイアは凄いと思った。
今回の「エブリシングは・ナウ」も同じように、まさに時代のリアルを切り取った凄いタイトルだと思う。何故、そう思うのか今夜のワールド・ロック・ナウで徹底的に分析したい。
23時からNHKFMで。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする