RADWIMPSの横浜アリーナ公演を観た

RADWIMPSの横浜アリーナ公演を観た
新しいファンも長いファンも、みんな同じようにRADWIMPSと憎まれ口を叩き合える友達ぐらいの距離で横浜アリーナで一緒に遊んでいる。
こういうとこがこのバンドの凄いとこだと思う。
今までヘヴィーな出来事もハッピーな出来事もかなり多めに経てきたバンドだけに、ライブでお客さんとの向き合う時の純粋さ、無垢さがどんどん増している。
限られたかけがえのない時間を最大限に輝かせるために、洋次郎は言葉と表情でぐいぐいと客との距離を詰めてくる。
最近のファンも昔からのファンも、それが嬉しくて楽しい。
ライブハウスの肉体的な一体感とも、丁寧でサービス満点のエンタテインメントとも違う、RADWIMPSにしかない嬉しさと楽しさがどんどん育っている。

アルバム・ツアーではない今回のようなカジュアルなツアーだと、なおさらラッドのそんな部分がはっきりと伝わってくる。
いいライブだった。(山崎洋一郎)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする