XIIXにインタビューしました! JAPAN最新号に掲載します!

XIIXにインタビューしました! JAPAN最新号に掲載します!
UNISON SQUARE GARDENのフロントマン斎藤宏介と、米津玄師aikoのサポートなどで活躍しているアレンジャー・ベースプレイヤーの須藤優が組んだ新バンド・XIIX(テントゥエンティ)が、早くもセカンドアルバム『USELESS』を完成させた。
前作からわずか1年。
決してサイドプロジェクトではないという本気度が、このハイペースなリリースから伝わってくる。

デビューアルバム『White White』は、あのユニゾンの斎藤がラップやるのか?とか、こんな色っぽい歌詞を歌うのか?とかそういう予想外の驚きとともに、これまでになかった新しいJ-POPを提示していたが、この『USELESS』はもっと振り切った形で、ポップな曲はもっとポップに、バラードは超バラードに、アグレッシヴなポップはもっと攻撃的に、派手に展開している。
ギターもベースも弾きまくって歌詞もストレートで鮮やかだ。
こんなにもポップな作風になったのには理由があって、ふたりはそれを正直に語ってくれた。
XIIXがXIIXでなければならない意味を確かめたうえで、XIIXに音楽人生を賭けようしている、そういうふたりの思いが伝わるアルバムであり、それを語る言葉からも感じられる。

JAPAN最新号、楽しみにしててください。(山崎洋一郎)

ご予約はこちら
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする