秋山黄色をZeppTokyoで観た

秋山黄色をZeppTokyoで観た
喉を割るほどのシャウト、アンプの音量インジケーターが振り切れるほどのギター、そして長くて熱いMC──秋山黄色は、すっかり止まってしまったかのような今のライブ事情のど真ん中で、全開のパフォーマンスを見せた。
楽曲が増えるにつれてバリエーションが増え、ポップでストレートであることへの自信もつけて、どんどん表現者としての強さとスケール感が増している。
本編ラストの「PAINKILLER」、期待はしていたが、遥かに超えた圧巻の出来だった。
FESが再開されたら、今年最も見るべき再注目アクトになるだろう。
最新アルバム『FIZZY POP SYNDROME』も、まだ聴いていないロック・リスナーはぜひ聴いてほしい。(山崎洋一郎)
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする