中田裕二、JAPAN JAMから

中田裕二、JAPAN JAMから

中田裕二、今回はカトウタロウとノーナ・リーヴスの小松シゲルとのバンド編成でカヴァーを披露した。
日本の歌謡曲の歴史の中にはこんなにもポップスの名曲があるんだ、ということを若い世代に伝えるような、
予想したよりもストレートな狙いのセッションだった。
JAPAN JAMのテーマを広げてくれた、素晴らしいセッションだった。
山崎洋一郎の「総編集長日記」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする