ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!

ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!

癌との闘いから見事に復帰を果たしたメガデスのデイヴ・ムステイン。彼の新たな作品がアメリカで9月に発売を迎える。とはいえ、これはアルバムや映像作品ではなく『RUST IN PEACE:The Inside Story of the Megadeth Masterpiece』と題された彼の著書で、そのタイトルからも明らかなように、名盤の誉れ高い『ラスト・イン・ピース』当時の逸話がふんだんに盛り込まれた一冊になっている。

Dave Mustaine Announces New Autobiography 'RUST IN PEACE'
https://www.youtube.com/watch?v=OrptF4HHdMk

同作が世に出たのは1990年9月のことであり、まさにその発売30周年というタイミングでこの本が世に出ることになるわけだが、この本にはガンズ・アンド・ローゼズスラッシュが序文を寄稿しているという。なお、これは彼にとって、2010年に刊行された自叙伝、『MUSTAINE :A Heavy Metal Memoir』以来10年ぶりの新著ということになる。

そんななか、2016年発表の『ディストピア』以来となる新作アルバムについても制作が進んでいる。
ベーシストのデイヴィッド・エレフソンはごく最近のインタビューで、「作業が進行中であることは間違いない」と認め、「驚異的なアルバムになるはずだ」と語っている。

バンドは前作に続いてクリス・レイクストローを共同プロデューサーに迎えて昨年のうちから作業に着手。デイヴ・ムステインはその方向性を示唆するものとして、『ピース・セルズ...バット・フーズ・バイイング?』(1986年)、『ラスト・イン・ピース』(1990年)、『破滅へのカウントダウン』(1992年)、そして『ディストピア』という自らの4作品のタイトルを挙げている。

  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!
  • ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!

表題曲がグラミー賞の最優秀メタル・パフォーマンス部門で栄冠に輝いている『ディストピア』も含め、いずれもメガデスの歴史を語るうえで欠かせない代表作だが、それらを引き合いに出している事実からもムステインの自信のほどがうかがえようというものだ。ちなみにこの作品は、前作完成後に加入した新ドラマーのダーク・ヴェルビューレン(元ソイルワーク)を擁する現布陣での初のアルバムということになる。

新作では、『ディストピア』当時より加入のギタリスト、キコ・ルーレイロのいっそうの本領発揮も期待したいところだが、この7月22日に発売されたばかりの彼の新作、『オープン・ソース』にも注目したい。

ニュー・アルバム制作が着々と進行中のメガデスの首領、デイヴ・ムステイン。30年を経て名盤誕生秘話を明かすのか?!

この作品には彼の古巣であるブラジルのバンド、アングラの現メンバーたちが参加しているのみならず、まさしく30年前の『ラスト・イン・ピース』における立役者のひとりであるマーティ・フリードマンも1曲でゲスト参加しているのだ。この流れからメガデスとマーティがふたたび急接近、というのは想像しにくいところではあるが、この新旧ギタリストの共演は実に画期的な出来事だといえる。

新型コロナ禍の影響は当然ながらメガデスにも及んでおり、本来ならば今頃は、彼らとラム・オヴ・ゴッドがダブル・ヘッドライナーを務める『THE METAL TOUR OF THE YEAR』と銘打たれた全米ツアーが実施されているはずだった。

両バンドに加え、トリヴィアム、イン・フレイムスも帯同することになっていたこのツアーは、出演ラインナップを変えることなくそっくりそのまま2021年の夏に延期となり、すでにその公演日程も発表されているが、そこにメガデスが新作を携えて臨むことになれば、開催こそ1年遅れることにはなるものの、同ツアーはまさしくそのタイトル通り、2021年のメタルを象徴するツアーのひとつになるに違いない。まずは新作に関する詳報到着を待ちながら、新著のなかで知られざる事実の数々が明かされるのを楽しみにしていたいところである。(増田勇一)
rockinon.com洋楽ブログの最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする