SUPER BEAVER 渾身の大阪城野音が映像化! ビーバーのライブはなぜ泣けるのか? そして初の武道館に懸ける思いを語る

SUPER BEAVER 渾身の大阪城野音が映像化! ビーバーのライブはなぜ泣けるのか? そして初の武道館に懸ける思いを語る


大阪城野音は見切り発車だった


――このDVDに収録されている大阪城野外音楽堂でのライブは、東京と岡山も回ったツアーのファイナルでしたよね?

「はい。その前のツアー、『27』をリリースした後のツアーを回ってた時に、最初は岡山のCRAZY MAMA 2ndRoomを押さえていたんですけど、思っていた以上にたくさんの人が応募してくださったんです。それを知った頃、同じ日のCRAZY MAMA KINGDOMが空いているのがわかって、『だったら会場のキャパを大きくしよう』っていう話になったんですけど、僕はそこが引っかかってしまったんですよね。『2ndRoomだから観たい』と思って応募して、当選して、喜んでいた人がいるかもしれないのに、こっちから一方的に『キャパを大きくしました』というのは筋が通らないんじゃないかなと」

――なるほど。

「だからSNS上で、みんなに訊いたんです。『ひとりでも反対意見があったら会場を変えるのはやめにしようと思うんだけど』と。その結果、『会場を変えるのは嫌です』という意見がいくつか来たので、『じゃあ、もともと予定してた2ndroomでやろう』ということになりました。とはいえ、一度は会場を変えることも提案した分、期待をさせてしまった人もいて、申し訳ない気持ちもあったので、『次のツアーはKINGDOMでやるからよろしくね』ということも言ってたんですよね。それが実現したのが、東京と大阪にプラスして岡山にも行ったあのツアーでした」

――あのツアーは、東京と大阪が屋外の会場だったのも印象的です。

「『27』のツアーを回ってた段階で、『次は日比谷野外大音楽堂でやりたい』っていう気持ちがあったんです。あの会場は、僕にとっての聖地だったので。それと同時に、『大阪でツアーファイナルをやりたい』というのも思ってたんですよ。僕らは東京出身のバンドですけど、関西圏でのライブもたくさんしてきたので。そして、関西圏での会場を考えた時に、『日比谷野音と対になるような会場と言えば、大阪城野音だな』と。でも、あそこは今まで大阪でやっていたライブの3倍以上のキャパなので、見切り発車の挑戦でした」

――その結果、大阪公演もソールドアウトしたんですよね。このDVDの中に、ソールドアウト記念のケーキが、楽屋に運び込まれている映像が入っているのも印象的でした。

「あのケーキは、びっくりしました。すごく親身になってくださるスタッフさんとか、いろんな方々に支えられてるというのを、改めて実感したケーキでしたね。僕たちは小さい事務所に所属してますし、スタッフの数も多くはないので、その分、関わってくれるみなさんと直で顔を合わせられて、話も直接できているんです。そういうことの積み重ねが、あのケーキだったというわけでもないんですけど(笑)。でも、ああいう形で現れるっていうのは、すごく嬉しかったです」

人と人の誠意のぶつかり合いみたいなものが楽しい


――今仰ったような密接な繋がりは、お客さんとの間にもすごく確立されていますよね?

「そうだと思います。僕らって、悪い言い方をするならば『普通』なんだと思います。そういう普通な人間がどストレートなことをやった上で人と繋がれないって、変なのかなと。繋がれることを何よりも大事に考えて音楽をやっていかないと、罰が当たるなと思ってます。伝えたいことを伝えて、それに対していろんな人が伝え返してくれるということの上に自分たちの音楽は成り立ってるんですよね」

――そういう姿は、今回のライブ映像にも表れていると思います。お客さんも、ものすごく楽しそうですし。

「お客さんは時間を割いて、お金も払ってライブに来てくれるわけですけど、それってすごいことなんですよね。チケットを取るんだって、いろんな手間があるわけですから。僕たちはそれに値することをしなきゃいけないですし、むしろ僕たちの方が多くをお返ししなきゃいけないと常に思ってます」

――ライブって、当日が楽しいのはもちろんですけど、チケットを取った段階からすでにワクワクが始まってるんですよね。

「そうですよね。ライブの予定が発表されて、チケットを取って、その日に至るまでの時間が、会場でどういう報われ方をするのか? そして、その時間がその人の後の人生にとって、どういう意味を持つのか? ……そういうことを考えると、ステージに立ってる時間は、やっぱり大事にしなきゃいけないですね。プレッシャーとかではないですし、『責任感』というのとも違うのかな? 僕たちは僕たちで楽しくやってるので。とにかく、そういういろんな思いを背負えてることが、すごく嬉しいんです。人と人の誠意のぶつかり合いみたいなものが楽しいと思って僕たちはやってます」

――「人と人の誠意のぶつかり合い」って、いいですね。SUPER BEAVERのライブをすごく言い当てていると思います。

「ライブって、そんな気がするんです。上手に演奏するんなら、CDには勝てないじゃないですか。でも、ライブってそういうのとは、また別なんですよね。お客さんのひとりひとりの顔を見た時に、『今日、この曲は、どういうふうに届けよう?』って思うし、そういうのは毎回変わって然るべきだと思うんです。曲の大まかなコンセプトとかテーマはあるにせよ、『それを持ち込んだ場所でどういうふうに活かすか?』は、『ライブ』というその場でしかできないことですから、『今日はこういう気持ちであなたに届けてるんだよ』っていうのを、MCで話したりもしながらライブをやってるんですけど、それはプレゼントをしっかり包装して渡すみたいな感覚なんですよ」

次のページメンバー自身が曲に感動してることが一番大切だと思う
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする