米津玄師が作り菅田将暉が歌う運命の曲“まちがいさがし”

米津玄師がゲストで出演した『菅田将暉のオールナイトニッポン』で米津が作詞作曲およびプロデュースを手掛けた菅田の新曲“まちがいさがし”をフルサイズで聴いた。

2枚の絵が並んでいて、片方が正解で、何か違っている違和感だらけの方が間違い。
その間違いの方に自分は生まれた。
自分にとっての逃れられない本当が、この世界にとっては間違いだった。
でも正解の世界で正解同士の出会いをするのと、間違いの世界で間違い同士の出会いをすること、どちらが尊くて美しい時を刻めると思う?
その答えを教えてくれるのがこの歌だ。

米津玄師が、菅田将暉が歌うための、しかも自分にしか作れない曲を徹底的に追求した結果、この“まちがいさがし”という楽曲になった。
間違いの世界で出会った間違い同士のふたりが描く、自分の中の衝動を決して殺さずに生きる強さのハーモニーはどこまでも尊く美しい。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする