この季節に聴きたいロックがある、「秋」ソング集めました!

この季節に聴きたいロックがある、「秋」ソング集めました!
残暑が長引く夏もようやく終わり、季節はいよいよ秋。
この季節が一番好きな人も多いと思いますが、儚いくらいあっという間に冬が来てしまいますよね。

そこで今回は、この儚くもエモい「秋」という季節を彩る「秋」ソングを集めてみました!


※リリース順

●スピッツ/“楓”(1998年)
かけがえのない存在だった相手のことを想い歌ったこの一曲。《ガラスの向こうには 水玉の雲が/散らかっていた あの日まで》と、窓越しに移るうろこ雲を見ながら物思いに耽る主人公の姿が描かれている。

●ゆず/“飛べない鳥”(2000年)
「飛べない鳥もいて大丈夫」と生きる者すべてを肯定してくれるゆずのメッセージソング。岩沢厚治作詞作曲の楽曲は、《しなやかな秋の声》を秋の情景に乗せながら、それぞれの世界でマイペースに進めばいいと私たちを柔らかく包んでくれる。

●フジファブリック/“赤黄色の金木犀”(2004年)
四季を基調にした4連作シングルで「秋」をテーマに作られたフジファブリックの一曲。《赤黄色の金木犀の香りがして/たまらなくなって/何故か無駄に胸が/騒いでしまう帰り道》と、秋の訪れに心高ぶらせる様子が窺える。

●ELLEGARDEN/“The Autumn Song”(2004年)
夏が過ぎ去り感じた喪失感を歌っているエモいロックナンバー。《Summer time is gone/I miss it so much》(夏が終わってしまった/それがすごく淋しい)と過ぎ去った夏への寂しさを滲ませながら、《Waiting for the snowy season》(雪が降るのを待っている)と秋から冬への期待を膨らませている。

●レミオロメン/“蒼の世界”(2005年)
爽やかなメロディとギターサウンドが印象的なレミオロメンの楽曲。《秋が香った/僕ら出会った頃の様に笑えない》と季節を重ねる中で気持ちがすれ違う人間模様を描きつつ、《森》、《落葉樹》、《鳥》など、自然や生き物を散りばめながら未来への希望を歌った日本語の美しさが光るナンバー。

●RADWIMPS/“セプテンバーさん”(2006年)
《「夏」ってだけでキラキラしてた あの気持ちが好きなの》と過ぎ去った夏に思いを馳せながらも、《でも君が笑える理由なら 僕が見つけてきてあげる》と新たに迎える秋への希望を膨らませている。ちなみに、タイトルにはRADWIMPSが初めてワンマンライブを行った日にちなみ「9月3日」という意味が込められている。

●おいしくるメロンパン/“あの秋とスクールデイズ”(2017年)
激しいバンドサウンドに乗せて描かれているのは秋の部活帰りに感じたほろ苦い男心。《情けないな》を連呼する主人公は《あの日裏切ったのは僕の方だった》と自責の念にとらわれる。青春時代のリアルなせつなさを描いた一曲。

●きのこ帝国/“金木犀の夜”(2018年)
哀愁漂う秋の夜にぴったりの一曲。《だいたい夜はちょっと/感傷的になって/金木犀の香りを辿る》と秋の訪れを感じながら、《何でもないふりしても/声が聴きたくなって/電話番号を思い出そうとしてみる》と、かつての恋人への想いを募らせる様子がせつなく描かれている。

●ヤバイTシャツ屋さん/“秋”(2018年)
《秋はなにがあったっけ》と秋に対しての疑問から始まるこの楽曲。《読書の秋 食欲の秋 スポーツの秋/そんなんできるわいつでも》とツッコミを入れながらも、最後は《秋の紅葉さいこう》と秋の良さをしっかりアピール! 秋への愛に溢れた一曲。


いかがでしたでしょうか?

過ぎ去った夏を恋しく思ったり、秋ならではの風景にせつない心情を乗せたり、この季節ならではのエモさに溢れた歌が並んでいますね。

もちろん、ほかにも「秋」ソングはあるので、みなさんもお気に入りを見つけてみてください!(井本佳孝)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする