エド・シーラン、活動休止に関してSNSで声明を発表。「今は外に出て、もっと世界を見る時だ」

エド・シーラン、活動休止に関してSNSで声明を発表。「今は外に出て、もっと世界を見る時だ」

今年8月、約2年半に及んだ「ディバイド・ツアー」の最終公演にて活動休止をほのめかすような発言をしていたエド・シーランだが、これに関して改めて声明を発表した。

エドは、自身のInstagramに活動休止について次のような声明を投稿し、ファンにメッセージを送っている。


やあ、みんな。また休暇を取ることにしたよ。

『÷(ディバイド)』の時代とツアーは僕の人生に様々な形で変化を起こしたけど、それはもう終わりだ。今は外に出て、もっと世界を見る時だ。

2017年からノンストップだったから、旅行して作曲し、読書をするために一息つくつもりなんだ。また戻って来る時までソーシャル・メディアからも離れるよ。

僕の家族と友人へ。いずれ会おう。そして僕のファンには、いつも優しくしてくれることに感謝したい。機が熟したら、新しい音楽と一緒に戻って来ることを約束するよ。何か曲を書くには人生経験が足りないんだ。


2019年もエドにとって様々なことが起きた一年だった。1月には長年の恋人だったCherry Seabornと結婚、7月には豪華アーティストらとコラボしたアルバム『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』をリリースし、全米・全英の両アルバム・チャートにて首位を獲得した

そして、4月には「ディバイド・ツアー」の一環として、自身初となる日本でのドーム公演を開催。東京と大阪合わせて延べ9万人を動員する来日ツアーとなった。

ギター1本の完全ソロ弾き語りで東京ドームを制した、エド・シーランの事件的ライブをついに観た!
まさに事件的な一夜となった、エド・シーラン初の東京ドーム公演だった。ソールドアウトとなった会場には5万数千人が詰めかけ、5万数千人がギター片手に歌うたったひとりの男を息を殺して見守り、その歌に酔いしれ、現在進行形で曲を生み出していくマジカルなループに興奮し、そして共に大声で歌った、前代未聞…
ギター1本の完全ソロ弾き語りで東京ドームを制した、エド・シーランの事件的ライブをついに観た! - pic by Teppei Kishida
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする